キャラクター商品・リユースで新しい顧客をつかむ 

28日は、都内に資格試験を受験しに行ってきました。帰りにロフトの文具売り場へ。

資格試験というと大げさに聞こえますが、英検です。

 

ここまで、グーグル翻訳が性能になってきたので

いまさら英語は不要・・。と思いますが

 

じゃなんで英語勉強しているの?と聞かれると

まぁただ、「好き」なんですね。結局。

なので「わからない」→「わかる」にしたい。

それだけ。でもさぼりの私は定期的に、試験を受けないと、継続意欲がなくなるので、定期的に受けています。

 

 

帰りにロフトの文具売り場へ。私は文具がすきなので、すぐ新しい文具をチェックしてしまします。

 

今回は付箋に注目。

100均でも販売されているのでメーカーは大変と思います。

そこでのすみ分けは、

キャラクター

リユース

 

実際自分が買ったのを見ると、100均では、無いような商品。

 

ケースごと販売されている付箋を買いました。

中身だけ入れ買えるタイプです。

 

そして、かわいい。(キャラクター)

ディズニーとかサンリオとかではなく

ラインスタンプだったり、買った人はイラストレーターの方のキャラクターでした。

 

40歳も越えてこんなキャラもの。

と思いましたが、いくつになってもキャラもの好きな人、

意外と多いように思います。

 

 

 

そこで、この戦略花屋でもできないかなと。

束売りだけでなく、ちょこっとかわいいキャラクターのラッピング。

とか、花瓶とか、花持ち剤とか、誰かつくってくれないかなぁと思っています。

 

 

もちろんすでに沢山あるキャラクター商品ですが

ちょっとした小物にキャラクターがあるとかわいいから売れるかなぁと。

 

新顧客の創造にいかがでしょうかね。

| その他 | 08:43 | comments(0) | - | pookmark |
電車に乗って通勤

週2回、事務所へ行ってます。

片道1時間、往復2時間

 

以前は職場へ行くことが当たり前でしたが

今は職場へ行くことが非日常となってしまいました。

 

気持ち的にも

「よっこいしょ」という感じで出かけます。

電車は何時の時間が空いているか?

なんて調べると11時、12時出社になってしまうので、

少し混んでいても10時くらいには着くように行こうかなぁ

など考えます。さすがに9時出社は、めちゃくちゃ混んでいるので・・・。

 

 

あまり遅く会社へつくと、仕事をバタバターとしてしまう。

他の人と話す時間もない!!

といった感じです。。。。

 

もちろんそれは、保育園へお迎えに行くという

仕事の終了時間に限りがあるからです。

 

保育園は基本的に「自粛中」なので

仕事で家では見られないからお願いしている立場なので

そんなに遅くまでは、お願いできない現状

 

 

という事で、時間は限られていますが

仕事してきまーす。

| その他 | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
コロナ禍で変わった生活スタイル

コロナ禍で大きく生活スタイルが変わった。

通勤もそうだけれど、家族と過ごす時間がぐぐぐっと増えた。

食事も一緒にとることが増えた。

 

今まで当り前だと思っていた出来事は大きく変わった。

半年以上、楽しみにしていた舞台が中止になり、オリンピックはもちろん

8月の甲子園すら・・中止。

 

 

人と距離をとらなきゃいけないとは・・いろんなことに制約があるんだと感じています。

 

 

花業界も業務用が全くなくなり・・。商業施設は閉鎖となり

一時はどうなるかと思った。

母の日で少しは持ち直したように感じてはいるけれど

業務用(会社、結婚式、お葬式、舞台、など)が復活しない限り、難しい。

花は、すぐにはできない。何か月か前に生産者が考えて、作っている。

 

 

 

 

 

JFMA理事の菅家さんのブログは、とてもわかりやすい。

業務用、量販店用、どのサイズを作るかで、売り上げが大きく変わった話。

 

http://kanke2017.blogspot.com/2020/06/2.html

 

 

新型ウィルスなので、どうなるかみんなわからないから警戒する。

それでも花を作り売るためにはどうすればいいのか・・。

ヒントが沢山詰まっている。

 

 

 

| その他 | 08:44 | comments(0) | - | pookmark |
こうしなきゃダメ・・・ではない

来週、火曜日はいよいよ会員総会です。

 

会員総会は、出席者と欠席者の過半数で決裁されるので・・。

欠席者が多い場合は会員さんの委任状が必要。

 

毎年、郵送で送っていました。

JFMAニュースと一緒に送ると、返信が少ないので

別便で送っていました。

 

別便にすることで、リターンは毎年とてもよかったです。

 

 

今年はコロナ禍で郵送は感染拡大するかもしれないため

協会としては、なるべく避けたい。

という事でメールで出欠を会員さんへ送りました。

 

 

メールでは、出欠連絡があまり来ないかもと思っていました。

実際出席の連絡は早いのですが・・。

やはり欠席の連絡があまりない。40通くらいはメール&FAXできました。

 

返信期日が過ぎてから、もう一度、返事のない会員さんへ送りました。

 

 

すると・・・

今日までに過半数は達成しました。

 

う、嬉しい・・。メールでも皆さん対応して下さるんだ

ってことが・・・。

 

コロナ禍、

本当にどんどん変化していきますね。

柔軟に、自分の頭も変化させていかなきゃ・・。

 

タイトルは、まさに自分へのメッセージです。(笑)

 

 

 

| その他 | 14:48 | comments(0) | - | pookmark |
コロナが変える働き方

集中力を上げるには

緑視率を上げるといいようであとで紹介するリンク先に書いてありました。

 

緊急事態宣言が解除されましたが引き続き、在宅ワークしている人には必読!

及び、観葉植物を販売している人にも

リースなど会社にしか営業行かなかった人も・・お家に植物のリース

してもいいのでは??と思います。

 

 

 

 

 

 

画像16

 

 

 

 

コロナが変える働き方

コロナ禍での働き方の変化

自宅で仕事をする効率アップ

集中して働くにはどうすればいいのか。

62000字のページと読み応えがありますが

 

ものすごく、わかりやすかった。

会社を運営している人には読んでいただきたいページ。

 

そろそろ出かける時間となりました。

今日は取材へ行きます。

 

| その他 | 10:50 | comments(0) | - | pookmark |
オンライン会議で気をつけたいこと

アフターコロナ、ウィズコロナではオンライン会議は必須となってきますね。

 

その中で、気をつけたいのがオンラインでの会議のやり方。

やはりまだ自分も慣れていないので

場の空気が読めない分。激しくうなずくようにしたり画面で伝わるようにしています。

 

人と会うって貴重で大切なことだったんだと

改めて実感しています。

 

緊急事態宣言が解除され・・・。

外出オッケーにはなりましたが・・・。三密を避け、第二波が来ないようにしないといけません。

 

新型ウィルスを怖がり過ぎず、とはいえ、軽視し過ぎず。が大事ですね。

まぁ何事もいい塩梅で。

 

 

オンライン会議(zoom)は、

,呂犬泙靴討凌佑参加する場合は、・・。

事前に資料のやり取りや事業のバックグラウンドの説明が大事

▲ンラインスタートする10分から15分前に主催者は会議室を開ける

PCの名前がそのまま投影されるので、事前に自分で名前をチェックし変更しておく

所属:名前などにすると、大型での会合の時はどこのだれかわかる。

づ蟇討気貶も事前にチェック。パソコンや携帯が小さいと上からのぞき込む感じになるので

なるべく、真っ直ぐに映るようにチェックする。

デ愀覆眤膸。

θ言する時以外はミュートにする。

(パソコンの設定自体をミュートにすると発言も聞こえないので、オンラインの画面上でミュートにする)

Аゞνしたい資料がある場合は、事前に主催者に伝え、パソコンで開いて置く。(デスクトップに置くだけにしない)

┐困辰髪任辰討い襪里如大会合で席を外す時は、カメラをオフにする

 

今思いつくのはこんな感じですが

また気づいたら、伝えます。

 

オンライン、いやぁ私はできません。

よりできた方がきっと広がります。いろんなことが。

 

 

 

| その他 | 10:38 | comments(0) | - | pookmark |
南アメリカからアメリカへの輸送の今後

新型コロナウィルスで、飛行機が飛ぶ本数が減り、

南アメリカから北アメリカ、そしてアフリカからヨーロッパへの海上輸送が注目を集めているようです。

 

 

以下文をご覧下さい。原文はこちら

 

海上輸送の人気はここ数年で上昇しており、COVID-19の危機がこの傾向を後押ししているようです。5月27日、プロデュースマーケティングアソシエーション(PMA)が主催するオンライン会議では、花の小売業者、生産者、輸送および加工の専門家が、海上輸送と花の統合センターのロジスティクス、および両方が効率の創出、二酸化炭素排出量の削減、および高成長の促進にどのように役立つかについて話し合いました品質の切り花を米国の消費者に販売します。

PMAは、数年前から花の海上輸送についての会話を促進してきました。他の多くのように、COVID-19が業界に及ぼす影響により、会話は再び最前線に立ち、変化を加速させる可能性があります。

 

 

 

 

PMAの役割は、輸送情報へのアクセスを提供することです。そのため、小売業者は、選択肢を検討する際に、オプションと一般的な考慮事項についてよりよく理解できます。

ラテンアメリカから米国への花の輸入の多くは空輸されています。COVID-19および関連する旅行制限と制限された南行きのフライトの結果として、一部の航空貨物船は潜在的な第11章を含む重大な財政的ストレスに直面しています。花の休日のピーク時には、航空会社は花の輸送需要を満たすために伸びています。アメリカ。航空貨物の燃料費は、需要のピーク時に懸念されます。また、ドルが上がるにつれて、南へ向かう貨物便が減り、飛行機の利用可能性が低下し、コストが上昇します。

 

 

 

 

■海上輸送の人気が高まっています

海上輸送はヨーロッパで長年行われています。2017年以降、米国西海岸のフロリダ州マイアミとカリフォルニア州ロサンゼルスへの海上輸送が増加していると、フローラライフのスティーブダウム氏は説明します。彼のPowerPointプレゼンテーションで、マイアミとロサンゼルスの港での海運の人気のこの増加を示しています。花の輸入のための他の実行可能なポートはフィラデルフィアが含まれています。さらに、彼にはリスクがあり、海上輸送のプロトコルが何であるかを知っている適切な供給パートナーを選択することが極めて重要であると説明しています。

 

海上輸送には約9〜12日かかる可能性があり、特定の花の種類や品種は他の海上輸送よりも海上輸送に適しています。リードタイムが長くなると、小売業者はより早く計画して注文する必要があることに注意しなければなりません。

 

■出荷
ポストハーベスト処理は、高い水質の必要性を含め、重要です。一部の農場には、海上輸送で輸送される作物のみを扱う専門チームがあります。農場から輸送用コンテナまでのコストが追加されるため、花のない休日のピーク時には、コスト削減は推進力にはなりません。インフラストラクチャには、温度制御された部屋が含まれます。

 

 

海上輸送には、特別なスリーブ、換気ボックス、低振動コンテナ、および適切な冷却システムが必要です。これにより、相対湿度が製品から離れます。変更された雰囲気のパッケージは予冷されており、ボックスごとの束の数は空気循環を促進するために制限されています。ベントホールが整列している必要があり、パレットローディングプロトコルに従う必要があります。荷送人はまた、温度制御にリモート監視を使用します。

 

 

■コールドチェーン
海によって出荷に適しており、適切に切れ目のないコールドチェーンに同梱されている切り花は、高品質であり、良好な花瓶寿命を有します。コロンビアから海を渡る花の約80%は、箱を開けるのではなく、検査のためにX線撮影されます。これにより、コールドチェーンが維持され、花の品質が向上します。品質を向上させる他の要因としては、検査官や花の水分補給方法を知っている加工業者など、知識のある人が受信側にいることです。出荷された切り花は完全に開花しているわけではありませんが、水分を補給すると美しく開きます。花を配送センターにすばやく届けることも重要です。

 

 

 

 

■利点と課題を評価する小売業者と生産者コールオン
小売業者は、米国中のあらゆる規模の小売業者が海上輸送のオプションを評価し、利点と課題をよりよく理解する機会があると述べました。製品の流れを改善し、高品質の花を一年中利用できるようにすると、誰にとってもメリットがあります。一部の生産者は海上輸送に向けられた花の計画と収穫後の面で他の生産者よりもさらに進んでいますが、他の農民も同様に学び、進歩する機会があります。海上輸送できる品種、パートナーの機能、および注文スケジュールを理解することは、方向転換を行うために重要です。

海上貨物による製品の受け取りを検討している小売業者にとっての結論:輸送の調査、出荷が容易な品種についての十分な理解、植栽と収穫後に関する栽培者の能力と専門知識の調査、および事前計画。

 

 

 

■調査するオプションには、統合センターの使用が含まれます。
花の統合センターもサプライヤーと小売業者の両方に役立ちます。そのようなセンターは、米国に約20あり、花栽培農家の運営チームの延長です。混載センターは、空、海、またはトラックでドライパックされた花製品を受け取ることができます。花は小売店の近くで処理され、水中でより速く処理されます。それらは、労働力が軽く、店舗レベルでドライパックされた花を処理することができない小売業者にとって特に役立ちます。統合センターでの処理は、店舗での労働問題を軽減し、鮮度と持続可能性を促進します。輸送の統合により、ルーティングの効率も向上します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コールドチェーンには産地、輸送での徹底した温度管理が必要で、

それをすることで高品質な花が届けられるという事ですね。

日本でもこれからますます暑くなりますので、温度管理徹底したいですね。

 

 

| その他 | 08:56 | comments(0) | - | pookmark |
ヒントになる言葉

 

昨日に続いて、トップインタビューの原稿からピックアップしたヒントになる言葉・・・。

 

トップの言葉を読んでいると、勇気や元気が出てきます。

 

 

 

◆MPSに参加して、市場で自分の商品が1円でも高く売れることはありません。MPSやJFMAを

通じての収穫は、「人」だと言っています。人と人のつながりというのは本当に大事です。もちろんMPSと

いう道を信じてきているわけですから、そういう時代は必ず来ると思っています。

 

 

◆低軒高のハウスだと、温度の上がり下がりがやや激しいので、どうしても花のストレスが強くなります。

そうすると生理障害や奇形の花などができやすくなったりします。

 

 

◆一つのものを仕上げる時に例えば、1から10の工程を踏んでいて、真ん中の7と8の工程を抜いても仕上がった状態が同じ場合は、その2工程を抜いて作業をします

 

 

 

◆「品質というのは、もののよしあし(品質)だけでなく、プライス(コスト)とデリバリー(納期)で含めて決まる

 

 

 

◆「無茶な事でもできそうなことは投げてください」とお客様にお願いしています。全部はできないかもしれませんが代案を出すことはできるかもしれませんし、品種違いでご提案できることもあります

 

◆単一大量の商品を販売するのに、少し苦労している感じがありました。

 

 

 

◆欲しい人は必ずいてくれるので、それをつなげればいいとわかっていました

 

 

◆短いとか、葉が少ないとか、花屋さんでは用途で使い分かれるので、営業先を考えて販売します

 

 

 

産地、市場、小売り、運送、仲卸、輸入など

本の中には花業界のいろんなトップに話を聞いていますので

読む人によっていろんなヒントを得ることができるのではないかなぁと思います。

 

『(インタビューで綴る)花産業の戦後史(1945年〜2020年)』

 

*定価¥2800予定(税込)

*購入希望の方は、JFMA事務局までメール願います。info@jfma.net

 

| その他 | 07:33 | comments(0) | - | pookmark |
ヒントになる言葉

JFMAニュースの連載「トップインタビュー」をまとめた本が近日発売予定!

 

 

 

 

 

現在、本の最終原稿チェックに入っています。

インタビューしていた時も

「うぁーいい言葉」と感じていましたが

文字で読むと改めていいなぁと感じます。

 

私がいいなぁと感じた言葉をピックアップ。

 

 

 

「お客様にこれできないかな?」と言われたことは断らないというポリシーで受けます。難しそうだと思っても、できるように工夫します。すると受注する前は、できなかったことができていく。そういう事例が少しずつ増えていきます

 

 

売上を一気に伸ばすことは可能ですが、必ず歪みがでます。

 

点で物事を考えず、面で仕事を取るようにしていく。依頼があっても、そこだけでは採算が合わないので他を紹介してもらうようにするなどをお願いもします

 

 

アマゾンが花分野に手を出し始めたら、今の花き業界の物流は全部崩れてしまうと思います。そうなる前に、どこの市場とか、仲卸とか言っていないで、花き業界全体で物流を何とかしたいと思っています。

 

 

これ以上やることはないと思うくらいの気持ちで臨まなければいけないだろうし、自分が理想とする場所までどうやって行くために進んでいくやり方をそこで覚えたと思います。

 

 

 

 

 

産地、市場、小売り、運送、仲卸、輸入など

本の中には花業界のいろんなトップに話を聞いていますので

読む人によっていろんなヒントを得ることができるのではないかなぁと思います。

 

『(インタビューで綴る)花産業の戦後史(1945年〜2020年)』

 

*定価¥2800予定(税込)

*購入希望の方は、JFMA事務局までメール願います。info@jfma.net

 

 

 

| その他 | 11:53 | comments(0) | - | pookmark |
消費者の傾向と行動について   アメリカの動き

リンク先はこちら

プロデュースマーケティングアソシエーション(PMA)の5月20日オンラインフローラルラウンドテーブルに参加した小売業者は、夏と秋のフローラルセールには楽観的な見方が強いと述べています。いくつかのカテゴリでは、最近の販売データ、住宅地の傾向、長持ちする製品への欲求、大小の瞬間をつなげて祝うという消費者の欲求に基づいて、特定のカテゴリが引き続き成長すると予想しています。

 

会議では、3つの米国の小売業者が花の販売動向と消費者の態度についての最新情報を提供し、小売業者はサプライヤーから収集した質問に回答しました。また、PMAの洞察と分析担当副社長であるジーナジョーンズは、COVID-19の結果として消費者のデータと購買習慣に関する情報を共有しました。

 

 

ニールセン氏によると、消費者の傾向と行動についてジョーンズ氏は述べ、現在、回復し始めている。行動は健康への配慮、経済的制約によって引き起こされます。地元のビジネスを愛用することに関心があり、人々は必需品を高く評価しています。

 

ジョーンズ氏は、消費者はよりリスクを嫌うようになり、価格が重要になると語った。人々は衛生、肉体的健康、幸福に焦点を当てています。

地元での購入は引き続き重要であり、人々はDIYに目を向けています。これは花の機会を与えるとジョーンズ氏は語った。人々は束を購入し、自分でアレンジやブーケを作ることができます。人々は自立しており、小売業者は春、夏、初秋の植栽の販売を利用できます。クリエイティブになって、花製品の束売りを検討してください。

 

 

ジョーンズ氏によると、持続可能性に対する消費者の認識は変化しており、バイヤーは「グリーン」ではなくクリーンな製品に関心を寄せています。研究者によると、より少ないSKUが傾向を維持すると予想されます。ただし、小売パネリストは、SKUの合理化はパンデミックの最初の数週間を乗り切るのに役立ちましたが、現在、重大な恒久的な変更を行う予定はないと述べています。

 

 

フローラルの販売は全体的に回復しており、小売業者の1人が、ストアフローラルSKUの50%で同様のCOVID以前のボリューム販売を見たと報告しています。配信や街頭ピックアップなど、すべてのeコマースは順調に機能しています。オンラインショッピングは成長し続けます。一部の研究者は、食料品の売り上げの4〜6%がオンラインで、買い物客の10%がオンラインで食料品を購入すると予測しています。調査した消費者の半数以上が、オンラインで購入するかどうかに関わらず、市場に行くことを楽しんでいると述べています。

 

 

業界は楽観的で、
小売業者に支援をしたい消費者は、父の日、7月4日、労働者の日など、通常売り上げがにぶい夏休み。今年は販売の機会を増やすと期待していると述べています。高校や大学の卒業生は、何らかの形でプロムや卒業を祝うことに熱心です。さらに、夏や秋の終わりまで延期される記念碑や結婚式は、花の機会を提供します。人々はドライブバイセレブレーションにあらゆる機会に参加しています。

 

消費者はまだ買い物の頻度が低く、より多く購入しており、近所の人や家族のために商品を手に取り、それを手放しています。店の看板には、誰かの日を明るくするよう消費者に呼びかけることが含まれています。彼らは店で花を見るのを楽しみにしています。小売業者は、自分の楽しみのために花をさらに購入する人々を目にしています。人々は、ほんの小さなことでも、他の人々でも祝いたいと思っています。小売のパネリストは、鉢植えの植物や小さな花瓶のような、持ち運び可能なバッグに落とすことができる持ち運びに便利なアイテムは、玄関先のドロップとして人気があると述べています。

 

 

成長カテゴリーの
変化ある小売業者は、COVIDが登場する前は、バラ、ブーケ、切り花が好調な販売促進要因であったと報告しています。過去数週間、肯定的なカテゴリには、鉢植えのハーブ、種子、ろうそく、風船、蘭の花、鉢植えの葉などの家の装飾が含まれます。秋には、屋外の芝生が売れ筋であるだけでなく、家の装飾にもなります。

 

パネルの小売業者は、蘭と緑の鉢植えが2019年に比べて最大の増加を期待しており、ブーケも好調で、売り上げはほぼ同じになると予想しています。ある小売業者は、彼の店がバラの生産者と協力して、最近、400ケースのバラを特別に提供すると言っていました。値段の高い商品は急上昇することが予想されます。

 

 

小売業者は、花を市場に出す際の流通センターの役割を高く評価しているという満場一致の回答を得ており、電話や配送のモデルを変更する計画がある。

米国でのCOVID-19の最初の数週間は、必要に応じて店舗への直送が行われました。ただし、小売業者は、実行の容易さを重視しており、DCは今後も続くと述べています。

また、PMAは、USDAが花卉および園芸の救済が次のラウンドの資金援助に期待されることを示していることを共有しました。6月末までに詳細情報が利用可能になる予定です。

 

| その他 | 08:02 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode