花きの販売に香りを活かす〜香りの知識を現場へ

昨日はJFMAの集中日。

アフタヌーンセミナーは「香り」がテーマ

講師は農研機構の大久保直美博士

 

「ユリ」の香り「バラ」の香りの特徴や効能そしてその利用についてお話いただきました。

ユリは品種により香りの特徴が異なり、

「オリエンタルハイブリッド」

オリエンタルスィート:甘く華やかでスパイシーなユリらしい香り

オリエンタルクール:ハーブのようなカンキツのようなスッキリした香り

 

「OTハイブリット」

ユーカリスィート:ユーカリの様にフルーティそしてスパイシーな甘さを含む香り

ユーカリクール:ハーブのスッキリとした香り

 

同じユリでも時間帯によって香りを放つ時間帯が異なる。

そして季節によって香りが変化。

2月と6月では全く違いました。

 

香りのPOPを作成して、実際販売を4回開催したそうです。

そのお話も、伺うことができました。

https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/case_studies_fragrance_of_the_lily.pdf

 

続いてバラ

バラの香りは多様で

ローズ:バラらしい華やかな香り

フルーティ:バラの香りに、桃や洋ナシ、ラズベリーのような甘ーい香り

ティー:スッキリした紅茶の香り

ローズシトラス:レモンのようなさわやかな香りを含むバラの香り

ティーフルーティ:フルーツの甘い香りを含む紅茶のような香り

アニス:アニスのような香り

スパイシー:クローブのようなスパイシーな香り

ウディグリーン:甘さの無いグリーンの香り

 

 

バラは、咲きかけ、満開、おわりかけ

と、その花の開花状態でも香りの質が変わる

香る品種の中でも、日持ちするバラはある。

 

 

 

香り成分の効用も発表されていて

その効能によって色々効能が違う例えば

寝室(鎮静効果、抗ストレス効果、ホルモン・バランシング効果)

勉強部屋(抗ストレス効果、記憶力向上効果)

スキンケア効果のある花(鎮静効果、抗ストレス効果、メラニン生成抑制効果、ホルモン・バランシング効果)

 

 

 

ローズウォーター、ローズオイルが沢山出回っていますが

バラの香り・・といえども

成分が異なり

やはり、生花が一番効果的〜。

 

花が香る仕組みは

水分と共に花から発散されるので、

切りたて、摘みたてがいい!

(切ってから、香りはどんどん失われていく・・。)

 

先生以外の方も今カーネーションの香りの研究中。

 

今後も香りの百科事典の更新が楽しみですね。

http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nivfs/fragrance/index.html

 

 

最後にバラ茶をいただきました。

バラの香りが漂い癒されました〜。

| セミナー | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日のアフタヌーンセミナーは、香りの話

おはようございます。

本日14時からアフタヌーンセミナーがあります。

テーマは「花の香り」についてです。

 

花の香りの効能で

売上アップも可能かも!!

 

どんなお話が聞けるのか楽しみです。

 

 

| セミナー | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スタッフを生かす店作り

今日からいよいよ始まります。

フラワービジネス講座♪

 

今日の講師は花恋人の野田将克さんです。

 

野田さんはお花屋さんの2代目でありながら・・・。

中小企業診断士の資格をお持ち。

前職カネボウでの経験も活かし

会社経営されています。

 

 

「なんとなく」

「すごく売れるだろうから・・」といった

感覚だけに任せるのではなく

どうすれば、この局面を工夫次第で

改善できるか?

 

を常に突き詰め考えられています。

本当に面白いです。

 

本日13時半スタート

講演の報告は明日させていただきますね。

 

| セミナー | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
流通フォーラム 花き物流センター構想に向けて

昨日は午後1時からの「流通フォーラム」の講演へ参加

豊洲駅のセンタービルの建物内

とても素敵な会場。

三和陸運の井上社長が講演

「花き物流センターの構想に向けて」

参加者は市場の方や流通の方が多く来場されていました。

久しぶりにお会いする方もいらしゃったので

お話できてうれしかったです。

井上さんの講演内容は

JFMAプロジェクトの一つ「物流センターの話」この構想は

井上社長の中でずーっとあったことと思いますが

JFMAで取り組み出したのは・・。2016年か2017年くらいから。

定期的に、打合せを進めているプロジェクト。今回の講演会では

場所、計画、数字などが具体的にお話されていました。

物流の話は、ヤマト運輸さんが私にとっては身近。

Amazonで注文した荷物も

ヤマトさんが持ってきてくれる時と、そうでないときがあったり

また先日までヤマトさんの制服を着て持ってきてくれていたドライバーさんが

(委託されていたんだと思いますが)、突然佐川さんの制服を着て同じ地域を配達・・・。

ラストワンマイルの配達と集荷に経費が掛かると

昨日、井上社長の話で出ていましたが、本当にそうだろうなぁと思います。

子供を産んだことをきっかけに、

ウォーターサーバーを我が家に導入したのですが

そのお水(12L×2)の配達も以前は

佐川さんでしたが、1年ほど前から急に・・

全然知らない運送屋さんが持ってきています。

「働き方改革」と「ドライバー不足」そしてネットの普及で配達増加

それにより、物流は日々、改善・改善ですね。

花業界といえば切り花は

月・水・金しか配達が無く

鉢物に関しては週に1.2回

集荷も5軒あるいは10軒回らないとトラックがいっぱいにならず

集荷に経費が掛かりすぎる

繁忙期と閑散期の差が通常は20%以内と言われている(運送業界では)。

それが花業界は2.5倍以上

運送業界からすると、魅力的な業界ではないようですね・・。

物流センター構想をうまく立ち上げて、

花業界の集荷する人依頼する人、配達依頼する人、配達される人が

ハッピーになるといいですね。

このプロジェクトはまだまだ続きます。

講演の内容はJFMAニュースでご案内できればと思います。


写真は、家のハイビスカス
今年も咲きましたー!

| セミナー | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スタッフを生かす職場づくりとは  フラワービジネス講座より

フラワービジネス講座 

9/3の2講目はズバリ!人材教育

新しいスタッフが入ってきたものの

どのように教育すればいいか・・。

うまく教育できなくて、すぐ人が辞めてしまう。

 

育ってきたなぁ〜と思ったら

辞めてしまう。

 

いい人に入ってもらって、長く続けてもらう。

そのためには・・・・。

 

昨年の野田さんの資料から少し抜粋しますね。

 

「スタッフを生かす職場づくりとは」

1.人材育成とは

  /雄牋蘋とは

  求める人材像

  ➂組織について(3つの最適な満足についてモチベーションアップについて)

.考え方について

  々佑方の方法を徹底する

  ⊆分がどういった状況にいるのかなど

   現状の理解

  仕事のススメ方について

    ) 優先順位のつけ方について

    ) 陳列編

    ) カテゴリー&陳列編

    ) POP編

    ) PDCAをしっかり回そう

3.マニュアルについて 

  .泪縫絅▲襪箸蓮

  ▲泪縫絅▲襪能斗廚淵船Д奪マニュアル

  マニュアル化する場所の特定

  げ善の仕組み

 

具体的でとてもわかりやすい内容です。

 

一度受講してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらへ

http://www.jfma.net/topics/flowerbuiness20190903

 

 

| セミナー | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お花屋さんの利益を生み出す方法  フラワービジネス講座予告!!

フラワービジネス講座の後期がいよいよ来月からスタートします。

第一回目は9月3日

株式会社花恋人の野田将克社長!!

 

毎回具体的で面白い講演内容!

是非、一人でも多くの方に受講していただきたいです。

 

昨年のカリキュラムの内容をご案内しますね。

 

9/3(火)野田将克社長の具体的すぎる講義

〜 お花屋さんの利益を生み出す方法 

 

■利益をあげることの重要性

■利益をあげるためにはどうすればよいの?

利益を損益分析の中で考える

■実際の小売り店の利益の構造

■事例における利益の構造について

■廃棄をからめた利益に関する問題1

■コスト分析例 ABC分析

■商品単価の設定方法 原価積み上げによる商品単価設定方法

■人材育成費・人件費削減(IE)の事例

■事業計画について

■ブレインストーミングによる中長期計画の落とし込み

 

 

この日の授業内容はこんな感じです。

花屋さん、その他の組織の方でもすぐに、応用して使うことができます!

申し込みはJFMAのHPまで

http://www.jfma.net/topics/flowerbuiness20190903

日程

時間

内容

9/3

 

13301445

お花屋さんの利益を生み出す方法

〜日々の仕事の管理〜

75

 

15001615

スタッフを生かす職場づくりとは

75

| セミナー | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
9月は香りの勉強

9月のJFMAアフタヌーンセミナーは?

ズバリ・・・。

 

お花の香りに注目したセミナーになります。

 

タイトルはずばり!

「花きの販売に香りを活かす」

講師は農研機構の大久保先生

以下詳細です。

 

■テーマ:花きの販売に香りを活かす
〜香りの知識を現場へ
■日 時: 2019年9月10日(火) 14:00-15:30
■講師: 大久保直美 氏
(農研機構)野菜花き部門花き生産流通研究領域品質制御ユニット長
■場 所: 法政大学新一口坂校舎101教室
住所:東京都千代田区九段北3-3-9
■参加費:3000円

申し込みは、JFMAのホームページの申込用紙を

お送りいただくかメールまで。

こちらもホームページをご覧くださいませ。

 

| セミナー | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
農耕と園芸の「カルチべ」で。。6月のJFMAセミナーが掲載!!

 

『平成を振り返り、令和の消費トレンドは?』

マーケティングプロデューサー 辻中俊樹さんの講演

https://karuchibe.jp/read/5267/

 

 

『花のトレンドはなぜ巡ってくるのか』

株式会社大田花き花の生活研究所 内藤育子さん

 

https://karuchibe.jp/read/5332/

 

 

JFMAニュース6月号に掲載した内容より分量が多いので

読み応えあり!!です。

 

是非記事を読んでくださいね〜。

 

記事を書いてくださった高山さん

ありがとうございました。

 

| セミナー | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新農業経営への転換

フレネットHIBIYAさんの主催の勉強会へ

参加しました。

セミナーは久しぶりでうれしいです。

会場には、MPS−ABC参加者のユリの生産者

平出賢司さんがいらっしゃいました。

 

小川先生のトップインタビューの取材ぶりでしたので

お久しぶりにお会いできました。

 

今回はJFMAの会員さんである

有限会社青木園芸の青木社長の話が基調講演で

「新農業経営への転換」

をテーマにお話されました。

 

 

31歳で跡を継がれたようです。

元フローリストの奥様と二人三脚で経営。

7500坪 101棟のハウスがあるようです。

現在、オープンハウスをしてお花屋さんに来てもらうことで

お客様の声を直接聞いて

どの品種や花をハウスで育てるか

参考にしているそうです。

 

 

なるほどと思ったのは

「農業だからしょうがない」シリーズを改善する

 

「花屋あるある・・。」にも共通するのを感じました。

社会保険を完備、有給を取得できる(制度があっても取れていないのはだめ)

週休2日にできるような体制にする。

と宣言されていました。

 

パートさんをフレックス社員さんとして

青木園芸のチームの一員になってもらい

会社がよくなるための意見をたくさん出してもらった。

 

社員が誇れる会社にしたい。

 

チーム体制で取り組む

 

花を「出荷」するのではなく「販売する」感覚を

みんなに感じられる運営をしていきたい。

 

F1レースがドライバー一人の実力でない様に

チーム力が大事。

 

他にも沢山書きたいことがありますが

ここまでとします。

 

会場には素敵なお花が沢山ありました。

さすが、HIBIYAさんですね。

IMG_8936.JPG

 

IMG_8934.JPGIMG_8933.JPGIMG_8930.JPGIMG_8928.JPG

| セミナー | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
センスは学びで補える

昨日、フラワービジネス講座5回目が終了

日本カラリスト協会の上田先生

クリザールジャパンの海下先生の講座でした。

 

私は初めて今回上田先生の話を聞くことができたのですが

 

いい勉強になりました!!

「花はどの業界とでもコラボできる!」

と嬉しい一言をいただき、授業がスタート!

上田先生はお仕事柄、ファッションやインテリアなどよくご覧になる様ですが

そこに「花」は必ずあり

「空間」を演出する時にとても重要な役割をしているようです。

 

確かに!そうですよね。

だからこそ、花の知識、色の知識を掛け合わせることで

「具体的に、お客様にお花の提案ができる」

 

という事なんです。

 

花のアレンジメントが上手くなるには

経験・知識そしてセンスが必要ですが

最後の「センス」って結構重要で・・・。

 

この「センス」は色をうまく操ることができれば

「センスのある人」になるのかもしれません。

 

上田先生の話を聞いて

「色」は花屋にとって、花に携わる人にとって本当に大切だ!

と実感しました。

 

講演後、先生に「来年もお願いします」

と言ってしまったほどです・・。

 

 

実は私も花屋で仕事し初めて3年ほど経ち、

その頃カラーコーディネーターの資格を取得しました。

3級.2級と進み、1級は、「花」ではなくファッション、建設、とかから選ぶ

という方式でしたので1級には進みませんでした。

 

ぼやぁとしている色の知識を

「資格」を取得したことで花の知識に加え、色の知識が増えたことで

「この花の色と、この花の色は正しい」と自信をもってお客様に

提案することができました。

 

若い頃は、「経験」が無い分

「知識」でお客様への提案力を上げていくことは大事かなぁ

と思いました。

 

 

 

 

| セミナー | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode