レターボックス フラワーズ (サブスク)提案方法

 

サブスクリプションのお花、提案する時にいいかな?と思うのを教えてもらいましたので

ここで紹介します。

 

イギリスのサイトで・・・写真にカーソルを合わせると

届いたときの状態(花が咲いていない)と花が満開の状態の写真を

見ることができます。こちら

(花研の内藤さんに教えてもらいました。)

 

 

すごくわかりすいと思いません??

 

届く様子もばっちり!!!

 

コロナ禍になり、海外でもサブスクリプションのお花はやっているようですね。

 

 

写真はhttps://www.bloomandwild.com/send-flowers/tagonly/letterboxから引用

| お花のこと | 08:42 | comments(0) | - | pookmark |
花きの今後の動き UK

コロナウィルスの感染拡大が抑えられ、少しずつ経済活動が戻り始めましたね。

 

百貨店の久しぶりのオープンなどでうれしそうに買い物する人達をテレビで見かけました。

生産された花の行先は、小売りか業務用といわれる冠婚葬祭、会社などの仕事花に

振り分けられます。

 

小売りは営業再開する店も増え、花の出口は少しずつ増え始めたかもしれません。

しかし。仕事花といわれる、撮影用や映画館、舞台、ライブなど大型の装飾も含めて

そこで使われる予定だった花たち、冠婚葬祭の花たちは、当面行き場を失ってしまっている。

 

ネットは好調で、今後もシェアを伸ばしていく。ではホームページをテコ入れして

生産者が、直接販売することも考える必要がある??

 

 

生産者さんたちは何を作るか、どのくらい作るか?

答えのない問題に直面ですね。

イギリスの生産者にプラグを提供する会社の記事が掲載されていましたのでこちらでシェアします。

 

 

 

UKの市場変化

ロックダウンの最初の週は、注文がどこでもキャンセルされて恐ろしいものでした」とSeiont NurseriesのUKプラグアンドライナープロデューサーNeil Alcockは言います。

しかし、インターネットの販売が急増し、バンの配達が始まったため、売り上げを伸ばすことができました。「全体として、4月は私たちにとって非常に良いものであり、昨年と比較して売上はまだ遅れていますが、COVID-19危機は私たちのビジネスをより強力にし、来年の成長を可能にします。市場は永遠に変化し、私たちの新しいウェブサイトで、私たちは消費者の「オンラインニーズ」を満たすことができます。

 

 

◆通販・ネット通販の売上高は増加ネット通販の増加に
伴い需要は持ち直し。Seiont Nurseriesは長年にわたり、通信販売会社やオンライン小売店に供給してきました。園芸用品センターが閉店する必要があったため、多くの人々がインターネットに目を向けました。「キャンセルされた注文の多くは、インターネットで販売できるようになりました。」

 

 

◆新規顧客-バンの配達
既存のチャネルでの売上の増加に加えて、顧客ベースも拡大しました。「私たちの製品を求めて、より多くのバンの配達が発生するのを見ました。それらのために、私たちはさまざまなコレクションを提供しています。」

 

◆独自のウェブサイト-LoveGardeningDirect.com 
パンデミックの最中に、親会社であるロバニアと独自のウェブサイトを立ち上げました。

このウェブサイトwww.lovegardeningdirect.comでは、シダ、多年生植物、低木のコレクションを提供しており、

都市に住む消費者に非常に人気があると思われる、選択可能なパティオ/バルコニーコレクションも立ち上げました。

 

しかし、これをすべて短時間で完了することはどうして可能だったのでしょうか。

「すでに2、3年前に計画を立てていました。ウェブサイトはすでに構築されていましたが、オンラインに行くことはありませんでした。オンラインでの売り上げが増え始めたので、立ち上げるのに最適な時期だと思いました。 、私たちはオンラインでした。」アルコックは今のところとても喜んでいます。

 

「私たちは新製品に取り組んでおり、このウェブサイトでは、人々は最新の品種を購入することができ、彼らはそれを非常に気に入っているようです。」

 

 

◆輸出の回復

先週から、Seiont Nurseriesは再び輸出を開始しました。「私たちはイタリア、フランス、オランダに出荷を送りました。幸いなことに、私たちには完全な労働力が戻ってきたので、これらの国の生産者のためにすべての出荷を準備することができます。」しかし、英国の生産者への全国出荷はまだ回復していません。「ガーデンセンターは2週間前に再開したので、注文は来週かそこらになると思います。」

◆市場は利益のために変化し たアルコックによると、パンデミックと封鎖は市場を利益のために変えました。「将来的には、外出するときは人々がより慎重になると思います。オンラインの売上高は、前年度よりも高いままであると思います。」

 

 

◆「私たちをより強くしました」
Seiont Nurseriesにとって、最後の2か月間、特にロックダウンの直後は多忙でした。

「私たちは迅速に適応する必要がありました。幸い、私たちはそれほど大きな会社ではないため(年間150万プラントを生産)、それを実現することができました。全体の状況は、ビジネスをより強力にし、すべての変化に適応することにより、 、新規および既存の市場での売上が増加しました。

今年は、昨年に比べてわずかに減少すると予想していますが、今年達成した結果を見ると、来年ははるかに良くなることは間違いありません。 」

 

 

 

| お花のこと | 09:54 | comments(0) | - | pookmark |
お花の無人販売 

今日は、母の日ですね。

 

お店はどんなふうになっているのか

視察に毎年出かけますが

今年は新型コロナウィルスの影響で、自粛。

そのため、家におとなしくいます。

 

 

テレビを見ていると、花屋さんの無人販売がフォーカス。

お金もボックスへ入れる方法です。

 

「接触」をしない。いい方法ですね。

 

私が住んでいる地域は、野菜の無人販売はよく見かけます。

花はなかなかないので

確かに、やり方を工夫してみる方法をあるのかなぁと思いました。

 

ネットで買うのもありですが、少し欲しい。

そんな場合は、お店に行かなくてはいけない。

 

花屋は狭いことが多いので、人との間隔をあけるのは難しい。

 

そういうときに、無人販売などいいなぁと思いました。

 

ギフトはネットで予約や販売、送付などいいですが

自宅用にちょっと買い足す程度は、無人販売いいですね。

 

取り組む花屋さんが増えてくれるとうれしいです。

 

 

 

| お花のこと | 07:47 | comments(0) | - | pookmark |
母の日5/10

花業界としては、5月一杯を母の月として

お願いしておりますが・・。

 

お客様の心情としては、

5/10に届かなくてもいいけど

やっぱり、10日までには贈りたい

 

っていう人が多いのでしょうか。

買い物へ行く途中花屋さんを見たら(地元ですが)

やはり、ギフト包装されている花鉢がたくさん!並んでしました。

 

 

お客様も今日は金曜日ということで・・。

下見?なのか?  ちらちら見て、

まだ買わない。といった感じでした。

3密を避けるために・・。今日買って欲しいのですが・・。

 

母の日を過ぎると・・

毎年「遅れてごめんね」販売しているように

 

来週いっぱいはお客様のニーズがありそうですが

それでも、5/10までが一番売れそうですね。。。。。

 

 

あくまでも、お店を見た感じのイメージですから

違ったらすいません。

 

| お花のこと | 16:33 | comments(0) | - | pookmark |
オンラインB2B 大きく成長 iBuyFlowers.com

オンラインB2Bフラワープラットフォームは、COVID-19の中大きく成長

今日の記事は、リンク先は、こちらになります。

 

「パンデミック以来、売上高は増加し、現在は600%増加しています」と、ニューヨークを拠点とするオンラインB2B生花プラットフォームであるiBuyFlowers.comの CEO、Willfred de Wit氏は述べてい  ます。COVID-19危機の始まりに、 3月12日、売上高は大幅に減少しましたが、その後すぐに増加し始めました。「従来の卸売業者が利用できなかったため、米国の多くのフローリストやイベントプランナーは、当社のプラットフォームを介して農場から直接注文するようになりました。」

 

◆栽培者から直接
iBuyFlowers.comは、2016年にDe Witによって設立されました。

エクアドルに数年農場を所有し、栽培者、卸売業者、花屋をつなぐことにますます多くの時間を費やした後、

このオランダ人は、つなぐプラットフォームを作成する機会を見ました栽培者と直接花屋。

 

そのため、彼はオランダの投資家を検索し、2016年にパイロットプロジェクトを開始し、2017年に正式に立ち上げました。

彼らは過去20年間で、花屋、結婚式、イベントプランナー20名から1000名以上に成長し、

4000を超える花とエクアドル、コロンビア、コスタリカ、米国、オランダの40人以上の生産者からの250種類の組み立て済みブーケ。

このプラットフォームは、生産者から直接花を提供し、クライアントがあらゆる種類の量のあらゆる種類の花を

オンラインで注文できるようにし、その後、4日以内に(FedEx経由で)週に5日間、直接花を配達します卸売業者より平均6日短い。

 

 

◆COVID-19危機
COVID-19危機が米国を襲ったとき、花の需要は大幅に減少し、iBuyFlowers.comも同様でした

「3月12日だったと思いますが、売上高は劇的に減少しました。」

しかしその後に起こったことは、需要の増加とプラットフォームのユーザーの増加。

デウィット:「マイアミで見たのは、卸売業者の輸入がドアを閉めなければならなかったことです。

これは、運送会社にとっても、営業する必要があるかどうかを知らずに困難な状況をもたらしました。

しかし、多くの花屋はまだ営業していましたが、このような状況が原因で、彼らは自社製品を調達できず、

当社のプラットフォームオファーのように直接配送に頼らざるを得ませんでした。

また、FedExを介して配送することで、引き続きクライアントに供給することができました。」

 

COVID-19危機が始まってから数週間で、彼らは売上高を週あたり約100%増加させ、現時点で売上高が600%増加しました。

「花屋からの花の需要は一般に昨年と比べて40%低く、花の購入価格も低いですが、売上高は昨年と比べて2倍にもなりました。」

このプラットフォームでは、毎日10〜15人の新規バイヤーが訪れ、先週、これまでで最高の週となりました。

この時期にこれを急速に成長させることは、少しあいまいな感じがします。

お客様と生産者にビジネスを継続させるためのソリューションを提供できることを嬉しく思います。」

 

 

◆産業はより革新的になります
すべての花屋が開店を許可されたわけではないので、革新的なアイデアが消費者に花を届ける仕組みができました。

「オンライン、電話での注文、非接触型決済に加えて、店舗へのアクセスを制限したり、

ドライブスルーのフラワーステーションを設置したりすることもあり、時にはガレージの外に出ることもあります。

FedExは誰でもすぐに配達できます、彼らはまた、例えば、彼らが非接触配達で働くので、花屋の家に配達することもできます。」

 

◆事前に組み立てられたブーケの需要
革新的なアイデアの増加に関連して、De Witは事前に組み立てられたブーケの需要も増加していると考えています。

「花屋が店にいないときは、花束を作るための道具やスタッフがいないため、多くの人が既成のブーケを注文し始めました。」

また、これらのブーケは農場から直接届きます。「私たちの農場のいくつかは、事前に作られた花束を提供しており、

現在、250種類から選択できます。」

 

イースターの場合、デウィットはこれらの事前に組み立てられた花束の増加をすでに見ましたが、

今では母の日(5月10日)の準備段階で需要が非常に高くなっています。

 

 

◆品揃えの減少
反対に、生産者側では、生産者が非営利の品種を廃棄していることをDe Witは見ています。

「以前は、栽培者は特別な場合にのみ要求される地面に多様性をまだ持っていましたが、現在、

これらの品種はすべて捨てられています。」その結果、栽培者の品揃えが減少します。

 

◆母の日への準備
4日と6日水曜日に、最後の大量の出荷はオランダを離れ、南アメリカからの最後の大量の出荷。

需要は昨年に比べて40%減少していますが、需要はさらに高くなっています。しかし、今年は前倒しがさらに難しくなりました。

「FedExでは、4〜6週間前に出荷を予測する必要もあります。そのため、最低点にいたときに予測を立てる必要がありました。」

 

しかし、彼はギャンブルを取り、当時は夢にも思わなかった額を注文しました。

「私はB2Cの売上高が増加し、完全なチェーンが停止するとき、どこかで私たちにとって有利になる必要があると考えました。」

そして幸いにもそうであるように見えましたが、すべてが当然のことではありませんでした。

 

 

◆母の日後の需要
母の日は、夏のシーズン前の最後の大規模な花の休日であり、多くの場合、ローシーズンとして特徴付けられます。

後はどうなるの?

デウィット:「通常、翌週には需要の減少が見られますが、今年もそれが予想されます。しかし、その後は、

毎週の注文が来るので、再び回復すると予想しています。COVID-19現状のまま規制が続く中、急成長が見込まれますが、

一般的には国の失業率が高いため、高級品である花の需要が減少します。

大規模な卸売業者が破産を申請しました-より多くの花が直接調達されます。」

 

花屋も農場から直接調達し、iBuyFlowersのようなプラットフォームを避けますか?

「直接供給している生産者はますます増えていますが、生産者として、幅広い品揃えを提供することは困難です。

花屋は、あらゆる種類の花を、多くの場合少量で提供することを望んでいます。

これは、複数の品目を栽培する生産者にとっては困難です。それに加えて、生産者も困難な時期に直面しているため、

マーケティングキャンペーンへの投資は、必ずしも経済的に実現可能であるとは限りません。 

 

◆今後6か月で成長する
前述のように、De WitはiBuyFlowers.comが今後数か月で成長すると予測しています。

「今後6か月で売上高を4倍にする予定です。」結婚式やプロムイベントがキャンセルされているのに少し野心的ではありませんか?

「多くの結婚式は現在延期されているため、COVID-19の危機後、結婚式の花の需要は再び増加すると予想しています。」

 

iBuyFlowersのHPはこちら

花の仕入れ先 

•コスタリカ(火、木、金)• エクアドル(火、木、金)• コロンビア(火、木、金)•
オランダ(水、木、金)• 米国(火、水、木、金)

 

米国の1,000人以上のフローリスト、ウェディング、イベントプランナーから信頼されています。
アメリカ花屋協会の会員•40人以上の生産者からの新鮮な花がすべて利用可能

 

弊社の栽培業者への供給と生花のフェデックスによる配達は通常通り稼働しています。変更があれば更新します。

 

 

| お花のこと | 08:00 | comments(0) | - | pookmark |
ガーデニングブーム?

ベランダのパンジーを植え替えようと

園芸店へ行った。

普段、そんなに人はいない。

一組か、もしくは私だけの時もある。

それが、この自粛で家にいることが4週間続き

さらに続きそう・・。となっているからなのか

園芸店には、5組ほどのお客様が

野菜苗を買う人もいたけれど

ほとんどの人が花苗を買っていた。

ガーデニングすることで、土を触る。

土を触ると落ち着く。

花が成長するとうれしくなる。

みんなそれに気づき始めたのかなぁ。

と感じる光景でした。


ミヨシさん





ハルディンさん





サントリーさん


| お花のこと | 13:14 | comments(0) | - | pookmark |
生産者さんECショップで花を買ってみました。

 

協会のオフィシャルブログでこんなこと書いていいの?

といわれてしまうかもしれませんが・・・。

 

トップインタビューでお世話になり、JFMAの初期からの会員さんであり

同学年といううれしさもあり

外出自粛で家に花がちょうどなくなったタイミングと

ECサイトオープンの時期が重なった。

 

ということで

注文してみました。青木園芸のお花です。

 

箱にしっかり梱包され、

取り出しやすく、お水も入っていたので安心です。

 

 

 

 

いい香りのお花が届きました。

 



そして水揚げの説明書も付いていて


花の種類も入っていました。




お客様が見えている対応だなぁと思いました。。

花がどんどん咲いてくるのがとっても楽しみです。

 

| お花のこと | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
ノルウェーの鉢植え:「4月の売り上げは通常よりも高く、5月は高い期待」

 

毎日覗いているウェブサイトfloral daily

こんな時は本当に、励みになったり、参考になったります。

もちろん平時も参考にはなりますが^^

今日はこちらです。↓↓

全部読みたい方は、最後にリンク先を貼ってますのでご覧ください。

 

ノルウェーの鉢植え:

「4月の売り上げは通常よりも高く、5月は高い期待」

5月17日に祝われるノルウェーの建国記念日は、鉢植えの需要が高く、

植物や花の販売にとって最も重要な日です。

COVID-19の状況にもかかわらず、ノルウェー最大の鉢植え卸売業者の1つであるブロムスターリンゲンは、

彼らの鉢バラの販売が現在平均レベルを既に上回っているため、この日を楽しみにしています。

 

 

 

◆例年の4月を上回る売上高
年間の天気が良く、雪がなく、COVID-19の状況により多くの人が家にいるという事実は、

ノルウェーの植物の需要に良い影響を与えているようです。

「今年の4月は通常より多くのポットローズを販売しました。さらに多くのユニットを販売することもできました」とBlomsterringenのCEOであるGudmund Baustad氏は述べています。

「人々はパンデミックの最中にあり、天気の良い日はおそらく庭でより多くの時間を費やしています。」

◆5月への期待
これにより、4月の予想外の売り上げの増加で、バウスタッドは次の月に期待しています。

「通常、今月は5月17日にノルウェーの建国記念日を祝うため、売上が最も多い月です。

◆地元で栽培された鉢植え
ノルウェーの建国記念日に供給する重要な植物は鉢植えで、輸入税が高いため、

地元の栽培者からしか購入できません。

数か月間、この卸売業者はノルウェー産の「インフィニティ」とノルウェー産の「スウィートホームローズ」を購入しました。

どちらも、デンマークのバラ育種ロサエスケルンドフォーエバーローズのポットローズシリーズです。

デンマークの状況
デンマークの話をするとき、どうですか?

ローザ:「デンマークのインフィニティローズの栽培者であるトールプルンドもすべてのバラを販売していますが、多くの生産者にとって、通常よりも価格が低いため、もう少し難しくなっています。彼らはドイツへの輸出の一部を失っています。」

 

母の日のための無限のバラ。「特にインフィニティローズは母の日に大きな需要があります」とローザは言います。 

しかし、今後数週間の期待は高いです。「今年の5月10日日曜日には、デンマークや他の多くのヨーロッパ諸国で母の日が祝われます。その後、物価は上昇すると予想されます。

 

 

 

 

元ページはこちら

 

| お花のこと | 08:12 | comments(0) | - | pookmark |
アジサイの青木園芸、ECショップスタート

お店は、休業要請がありお休み。

花はどんどん育っていく

その花たちをどうすればいいのか?

昨日は市場さん、仲卸さんがタッグを組んで、

花をお客様へ届ける話を書きましたが

今日は、産地さんが、ECサイトを立ち上げた話です。

 

去年の8月トップインタビューに出ていただきそのあと、大きな台風が2回通過し

大きな被害を受けた、青木園芸 さんが

ついに、ECサイトを立ち上げました。

 

 

「青木園芸のお花でブーケを作れるようにいろんな花を育てています。」

とおっしゃっていた青木社長の笑顔が忘れられません!!

きっと、きっといろいろ考えて、考えて、考えて・・直販に踏み切られたんだと思います。

 

以下、青木園芸のHPより

 

CONCEPT

 

青木園芸は、人生の晴れの舞台である結婚式や記念日など、あらゆるシーンで必要とされるような花つくりに取り組んできました。特にアジサイ切花は始めた当初は国内でも栽培事例は少なく、数え切れないほど失敗をしました。しかし、日本がルーツのアジサイは「絶対に日本人に喜ばれるはずだ!」と信じ栽培を続けてきた結果、この10年で当社のアジサイは国産品として、ブライダルやトップフローリスト・高級生花店などで取り扱っていただき、高い評価を頂いております。

 

私たちが真心を込めて育てた花たちが、一輪でも誰かの役に立ってほしい、そんな想いをもって、これまではやってこなかった、生花の直接販売を行わせていただきます。

 

 

 

 

| お花のこと | 13:42 | comments(0) | - | pookmark |
CSR(corporate social responsibility)はなどんやさんの取り組み

JFMA副会長、松村社長が運営する「自由が丘フラワーズ」のcorporate social responsibility(企業の社会的責任)

 

以下の文章は、はなどんやさんのFBで投稿されている内容を転記しました。

 

【はなどんやCSR企画、始動します】

新型コロナ禍の折、介護福祉施設に入所されている皆様は外出することが出来ず、

外部からの面会も大きく制限されており、非常に寂しい日々を送られている方が多いという話を聞きました。

一方で、国内の生産地で生産されたお花も、冠婚葬祭その他のイベントの自粛やお花屋さんの休業等により、

本来の行き場を失っているケースもあります。

 

そこで弊社としてのCSR(corporate social responsibility、企業の社会的責任)という観点から、

花の卸売市場運営会社である東日本板橋花き様と協力して、介護福祉施設へのお届けに限定して

利益度外視でお花のセットをご用意させて頂くことにしました。(企画サポート:法政大学経営大学院 小川孔輔教授)

●商品内容

季節のお花4種類以上、合計40本以上の生花セット

1セット4400円(税・全国一律送料込み)

※写真はイメージです。実際は生産地から入荷したままの束の状態でお送りしますので、下葉処理等はお届け先にてお願い致します。また、お花の内容は完全におまかせとなります。

●ご留意頂きたい点

1.企画の性質上、介護福祉施設以外へのお届けはできませんことをご了承下さい。

2.本企画は、介護福祉施設にお花を贈ったら大変喜ばれたという話を聞いて発案したものですが、各施設のご事情により(人手不足など)ご迷惑になってしまうことも考えられます。施設への贈り物として考えられる場合は事前に施設側へ一報入れておいて頂きますようお願い申し上げます。

3.はなどんやアソシエの他の商品との同梱はできません。

4.本企画は新型コロナ禍が一定の収束を迎えた段階で終了とさせて頂きます。(その意味では一刻も早く終了したい企画ということになります。)

https://www.hanadonya.com/164/166.html  写真もはなどんやさんより

画像に含まれている可能性があるもの:1人、子供、靴、屋外

| お花のこと | 08:05 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode