85億ドル規模のグローバルフラワートレードクラッシュ

元ソースはこちら

 

一部の記事を掲載してここへ載せています。

翻訳はいつも通り、グーグル先生です。

 

 

切り花の85億ドル規模の世界貿易の激突は、新しいコロナウイルスが、

まだ普及していない場所でさえ、サプライチェーンをどれほど迅速かつ際立って混乱させているかをあらわしています・・。

 

ほんの数週間の検疫の後、学校からの注文がキャンセルされたため、バーモント州の農家は牛糞を牛糞に捨てています。

閉ざされた境界線が移民農民による収穫を妨げているため作物はヨーロッパで枯れています。

アメリカのチキンウィングの価格は、通常マーチマッドネスが主導するブームの前にクレーターを付けました

インドでは、農家が通常の6分の1の価格で熟したブドウを降ろしています。

消費者が再び支出を始めたとき、彼らの以前の供給者がまだ彼らに売ろうとしているのかどうかは未解決の問題です。

 

 

 

花の貿易は現代資本主義の奇跡です。コールドチェーンで花は、アフリカ、中東、南アメリカなどの遠く離れた場所で収穫され、

その後冷蔵トラックに詰められ、冷蔵飛行機に運ばれ、アムステルダムに運ばれて競売にかけられます。

その後、さらに冷たいトラックや飛行機に詰め直され、アジア、ヨーロッパ、

米国のスーパーマーケット、花屋、ブライダルブーケに配達されます。

 

 

オークションは、1世紀前にパブで出会い、花の販売方法をより適切に管理するシステムを考案した

生産者のグループによって結成された協同組合Royal Royala Hollandによって運営されています。

 

Royal FloraHollandは現在、世界の取引の大部分を処理する4つのオークションサイトを運営しています。

サッカー場75か所を超えるコンクリート倉庫のアールスメールにある施設は、ヨーロッパで最大の建物の1つです。

日の出前の毎日、労働者はそこに菊、バラ、チューリップのトラックを詰め込みます。

バイヤーは、各区画の写真が表示されるコンピューター画面で満たされた部屋に集まります。

社会的距離を確保するために駅が閉鎖されているナールドワイクのオークションホール。

 

平均的な日には、100,000を超えるトランザクションが発生します。

花のほとんどはヨーロッパの他の場所で、12時間以内に終わります。

春は通常、結婚式、母の日、イースターで忙しい季節です。

 

3月の初めには、オランダが最初のコロナウイルス感染を報告していたとしても、

オークションはいつものように行われました。

 

しかし、イタリアが封鎖を課した後、フランスは重要でない店舗の閉鎖を命じ、

ドイツはほとんどのイベントのキャンセルを要求し、花市場は崩壊しました。

 

 

パンデミックの前には、アールスメールに毎週到着する42の貨物便はケニアからのものでした。

ケニア気候で、バラは一年中成長します。東アフリカの国は年間約10億ドル相当の花を出荷し、

ヨーロッパ最大の供給国となっています。

 

 

2月のビジネスは好調でした。ケニアで最初のCovid-19(新型コロナウィルス)が見られる前でさえ・・。

「私たちは中国に問題があることを知っていました」とCoulson氏は言います。

「私たちはそのウィルスの脅威について何も知りませんでした。」月の半ばまでに彼の売り上げは半分以上下がっていた。

 

しかし、会社の費用は下がっていません。

 

今でも化学薬品、肥料、水を購入し、労働者に花を収穫し、切り刻んで処分するために積み上げる必要があります。

 

彼はスタッフを半分の時間に短縮しました。2週間はオンで、2週間はオフです。

彼は毎月30万ユーロ(327,930ドル)を失っており、10年以上前のケニアの選挙後の暴力と世界的な金融危機、

または2010年に多くの貨物便を運んだアイスランドの火山灰雲よりもはるかに悪い混乱のレベルだと推定しています。

ブラックホール」と彼は言う。「これが3〜4か月続くと、閉鎖の見通しに直面しています。」

ニニの38歳のバラ収穫機であるJusterian Iminza氏は、

家族のために朝食や昼食を買う余裕はもうないとしています。

彼女は2人の娘と1人の息子を持つ未亡人で、花畑での仕事を見つけるためにナイバシャ湖に移住しました。

彼女の仕事は業界にとっては良い仕事です。

それは組合化されており、農場はフェアトレード認定を受けています。

ニニで13年間働いた後、彼女は月に約110ドルと25ドルの住宅手当を稼いでいました。

しかし今、彼女は半分の量を作っています。彼女の信用組合は引き出しを制限し、

緊急融資を停止しました。

彼女は、ニニが緊急救援またはトウモロコシ粉の配布に月額10ドルを提供することについて議論したが、

まだ何も決定されていないと述べています。

「私たちは皆心配しています」と彼女は言います。「それがどのくらい続くかはわかりません。」

ケニアのナイバシャにあるニニフラワーファームに捨てられた花。

 

 

 

*日本も緊急事態宣言後、休業、休館が相次ぎ、花を販売する場所は減っています。

でも、でもまだ、販売する場所が完全に閉ざされた場所ではなく

産地さんによっては、花屋さんとコラボして、ネットで販売したりしています。

 

私たちも自粛要請が出されている中

人との接触を減らすために、外出を控えています。

 

その分ネットで購入することは増えています。

 

 

この新型コロナウィルスは、なかなか終息しない見方になっています。

だからこそ、長期戦で考えて、動いていく必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

| 花業界 | 08:48 | comments(0) | - | pookmark |
本日は 表参道に取材へ行ってきます。

今日は表参道に用事があり外出します。

 

久しぶりの外出。

人に会い、話を聞いてきます。

 

楽しみです。

| 花業界 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1月31日(愛妻)の日

来週木曜日は、愛妻の日(131)

「愛妻の日(1月31日 アイ・サイ)」は、

『妻というもっとも身近な存在を大切にする人が増えると世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない』

という理想のもと、“愛妻家”を増やすための記念日です。

 

なかなか素直な気持ちを言い表すことができない世の夫の皆さま!

日頃言えない愛や感謝の想いを花にのせて、

最愛の妻へ春の香りの花を贈ってみませんか?!

 

特にこの季節は、春のお花が沢山出回っています。

チューリップ、スイートピー、ラナンキュラス、アネモネ

水仙、ヒヤシンスなど〜

 

ステキな花束できますよ〜

 

 

 

http://www.flower-valentine.com/aisai/

| 花業界 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新聞記事スクラップ-日本農業新聞より

おはようございます。JFMA事務局のHanaです。

今日は、日本農業新聞より記事のスクラップです。

 

16年切り花輸入13億超 3年ぶり

16年の輸入切花が13億1382万本、前年比3%増。輸入切花が13億本を超えるのは3年ぶり。

輸入切花13億本

菊、バラ、カーネーションの主要3品目の本数と前年比は以下の通り。

 

菊 3億1244万本(前年比5%増)

バラ 6237万本(前年比2%増)

カーネーション 3億6160万本(前年比6%増)

 

特に増加が目立ったのは、以下の通り。

 

ベトナム産スプレー菊(6990万本、前年比21%超の増加)

 

バラ

エチオピア産(399万本、前年の5割増)

ケニア産(2476万本、前年比7%)

ベトナム産(520万本、前年比11%増)

エクアドル産(417万本、23%)など。

 

 

⇒入カーネ流通シェア6割迫る

2016年のカーネーションの輸入量が過去最高の3億6160万本で前年比6%増。主な輸入国と本数は以下の通り。

流通シェア6割

 

コロンビア(2億3608本、前年比7%増)

中国(7877万本、前年比7%増)

エクアドル(3079万本、前年比2%減)

ベトナム(1041万本、前年比7%増)

 

17年の1-9月の輸入量も前年同期と比較して2%増。17年も昨年並みか微増になる見通し。

 

Hana

| 花業界 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新聞記事スクラップ-花卉園芸新聞より 太田花きバラ会議

こんにちは。JFMA事務局のHanaです。

 

今日は花卉園芸新聞の記事より「太田花きバラ会議」に関するトピックスです。日本でバラ切花の営利栽培が始まって100年目。これまでの振り返りと今後の見通しなど。『生花店の売上構成は業務用は業務専門店へ移行。いけばなの需要減少により店頭販売とギフト中心。超長期トレンド「都市化・高齢化」がもたらしたものとして、健康リテラシーの向上、健康的な食生活があり、花や緑がある生活に向かう。2020−30年ごろの購入チャネルと目的を考えると、日持ち重視の自宅用に量販店・専門量販、ホームパーティーなど自宅用では専門店があり、国内向けバラ需要は引き続きしっかりある(大田花き花の生活研究所 桐生氏)』

 

BARA

 

関連リンク

大田花き磯村社長ブログ

2017/8/21 バラよ、相場のリーダーシップをとれ

http://otakaki.co.jp/pres/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%88%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8C/

 

Hana

| 花業界 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新聞記事スクラップ-日本農業新聞よりー

こんにちは。JFMA事務局のHanaです。


今日の日本農業新聞によると、2017年1-6が角東京中央卸売市場の売上高は、前年同期比で7%減とのことです。グラフを見ると数量は、この3年ほぼ横ばい、金額は右肩下がりになっています。



| 花業界 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花研手帳2018

こんにちは。JFMA事務局のHanaです。

 

8/7の花の日に、花研コーヒーブレイク(大田花き花の生活研究所オフィシャルブログ)にて、

花研手帳2018 発売開始のアナウンスがありました。

来年の手帳は、さわやかなグリーンカラーを基調にしたデザイン♪

おしゃれ、且つ実用的な手帳が楽しみですね。(^^*)

 

発売開始日は、8月28日(月)の予定で、

9月いっぱいまでは早割キャンペーンもあるそうです。

 

詳しくはこちらから

『花研手帳2018』発売予定日

http://www.otalab.co.jp/blogs/19159

 

hanaken

 

Hana

| 花業界 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
農林水産省からの最新情報

皆様こんにちは。事務局のHanaです。

今日は、第5回JFMA理事会です。

6月の総会で決定した新生JFMAプロジェクトのフリーディスカッション。。。。

どんなプロジェクトになるか、今からとてもワクワクしています。

 

さて、最近農水省のwebsiteに新しい情報が追加されました。

特に花き振興コーナーの花きの現状について(平成29年7月)は、とても興味深いレポートですね。

 

農林水産省花き振興コーナーリンク

http://www.maff.go.jp/j/seisan/kaki/flower/

 

nousui

| 花業界 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青い菊-Scientists Give a Chrysanthemum the Blues

本日の農業新聞の一面記事です。

ニューヨークタイムズなど、各紙で取り上げられています。

 

a

 

New York Times

Scientists Give a Chrysanthemum the Blues

https://www.nytimes.com/2017/07/28/science/scientists-give-a-chrysanthemum-the-blues.html

 

毎日新聞Web版

青い菊 開花成功

https://mainichi.jp/articles/20170728/dde/041/040/066000c

 

日本農業新聞web版

 

https://www.agrinews.co.jp/p41552.html

 

産経ニュース・産経フォトニュース

「青い菊」咲いた 新色、花束デザインに幅

http://www.sankei.com/life/news/170727/lif1707270009-n1.html

http://www.sankei.com/photo/story/news/170727/sty1707270002-n1.html

 

佐賀新聞Live

咲いた青い菊 官民共同で開発

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/449755

 

The Mercury News

http://www.mercurynews.com/2017/07/26/worlds-first-blue-chrysanthemums-through-gene-engineering/

 

Science

http://www.sciencemag.org/news/2017/07/scientists-genetically-engineer-world-s-first-blue-chrysanthemum

 

Hana

| 花業界 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花研手帳が届きました〜。


今回の表紙は2016年と違いブルー。

スケジュールの後半部分は、

「花を買って困ったことは何?」のアンケート。

切り花、鉢物ともに結果が出ていて。

なんと!!参考までにという形でMPSジャパンのHPを紹介してくださっているのです。kyu

http://www.mps-jfma.net/himochi/point.html

そしてフラワーオブザイヤーOTA2015



過去から、2015年まで一気に見る事が出来

なんとなく時代のトレンドが見える。きゃvネコ

 

そして今年の目玉やっぱり・・・。蛇腹式の切り花トレンドの変遷。

社会の出来事も合わせて載っていますので

勉強になります。ヤッタv

 

2000年日本フローラルマーケティング協会設立も書いてくださっていますしね。

嬉しいです。ゆう★

 

先日もお伝えしましたが

今日まで!なら送料無料の様です。

http://shallweflower.jugem.jp/?eid=1093

 

 

| 花業界 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode