『はじめて花屋』開店 佐々木希さんアンバサダー

コロナ禍でお家で花を飾る人が増えました。

でも初めてなので・・。「飾り方がわからない」「管理方法がわからない」というアンケート結果があったようです。

それを受け・・。なんと農林水産省から補助を受事業予算を活用し、

 

花き業界の9団体で構成される日本花き振興協議会は

おうちで花を楽しもう、というメッセージを発信する「ENJOY HOME with FLOWERS」キャンペーンの一環として、

自宅に花やグリーンを初めて飾る初心者に向けた特設サイト『はじめて花屋』(https://nippon-fc.jp/hajimetehanaya)を

6月10日に公開しました。

また、『はじめて花屋』開店にあたり、日頃からおうちで花を楽しんでいる佐々木希さんが “開店記念アンバサダー” に就任することが決定いたしました。

 

ニュースリリースはこちら

 

◆『はじめて花屋』特設サイト https://nippon-fc.jp/hajimetehanaya

 

花店さんはぜひこちらからポスターなどはここからダウンロードしていただき

店頭でポスターを飾ってくださいね。

 

 

初めての花屋とは??

 

 

『はじめて花屋』は、自宅に初めて花を飾る”花初心者”が感じている、花選びや花の取り扱いに関する様々な疑問を解決するためのWEBサイトです。

2020年4月末に行われた調査(※)では、自宅で過ごす時間が長くなって以降、「以前に比べ、花やグリーンを飾りたくなった」と回答した人は90%にのぼり、実際に飾る頻度が「増えた/やや増えた」と回答した人は半数以上の56%となり、自宅に花を飾る人が増えていることがわかりました。

一方で、花やグリーンを飾る際に「素敵に飾る方法がわからない」や「花の扱い方やグリーンの育て方に関する知識がない」と回答した人が4割以上、全体の95%の人が何かしら困っている、という結果になり、花を楽しみたいのに様々な悩みがあることもわかりました。

 

#花のABC

これさえわかれば大丈夫。
初めて花と暮らす時に知っておきたい7つの基礎知識を
イラストともにご紹介。

ちょっとしたコツをつかめば、花はグンと長く楽しめます。
ぜひ参考にしてみてください。

#あれもこれも花瓶

身近にあるいろんなものが
素敵な花瓶に変わるアイデアをご紹介。

新進気鋭の女性写真家・石田真澄さんが撮影、
おしゃれな花瓶アイデアが見つかるコンテンツとなっています。

 



#花のあるズボラなくらし

面倒くさがりな人でも
お手入れが簡単な花やグリーンをセレクトしました。

夏でも長く楽しめる花や、水やりをサボっても大丈夫な植物など。
気軽な気持ちで花と一緒に暮らせる豆知識をお届けします。

 

#ビタミンF

花やグリーンの持つ驚きの効果
「ビタミンF」についてご紹介します。

花やグリーンがある部屋では
ストレスがやわらぎリラックスできる、という研究結果も。

「ビタミンF」のFはFlowerのF、
“花のちから”を体験するきっかけに

 

 

お客様にぜひ勧めてくださいね!!

 

〜みんなの#あれもこれも花瓶 アイデア募集キャンペーンについて〜
家にあるさまざまなものを使った花瓶アイデアをSNS上で募集する「みんなの#あれもこれも花瓶 アイデア募集キャンペーン」を開催いたします。TwitterまたはInstagramで @nippon_fc2020 をフォロー、「#あれもこれも花瓶」のハッシュタグをつけて、おうちに飾った花の写真を投稿してくださった方から抽選で10名様に投稿いただいた写真にぴったりの花をプレゼントいたします。
募集期間:2020/6/10〜2020/6/30

 

そしてなんと・・有識者コメントとして小川先生が・・・。うれしいですね。

 

  • 有識者コメント 〜今、おうちで花を楽しむ人が増えている〜


小川 孔輔 先生
法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科教授
日本フローラルマーケティング協会会長

 

約2ヵ月に及ぶ自粛期間で、花やグリーンが私たちの心を癒すアイテムとして大切な存在であることが、調査結果からも明らかです。3月末から5月の「母の月」まで、花店は業務需要(婚礼やイベントなど)を大きく失いましたが、店頭売りは好調でした。ネット販売も好調で、前年比で2倍〜3倍に伸びています。

なお、この期間で特筆すべきことは、花売場を新設するチェーン小売業が出現したことです。その代表例が、ユニクロのパーク横浜ベイサイド店と6月5日に開店したばかりの原宿店です。ほぼ同時期に、無印良品の銀座店などでも9年ぶりに花売り場が復活しました。背景にあるのは、花やグリーンを自宅で楽しむことに対する潜在ニーズです。

今回新たに花に関心を示している人たちの多くは「花初心者」です。花の扱いについて正しい情報を平易に提供し、彼らの困りごとを解決してあげないと、花のファンになってくれません。新たな顧客に「花のある暮らし」を定着させる役割を、この「ENJOY HOME with FLOWERS」キャンペーンが担うことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

| お知らせ | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
JFMA会員総会はオンラインで開催します

JFMAの会員総会は毎年6月の第三火曜日に開催されます。

毎年、

午前中会員総会があり、午後はセミナー夜は懇親会

とまさに一日JFMAデーとして・・。JFMAの会員総会は毎年6月の第三火曜日に開催されます。

 

今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止の為

密になるセミナーはやめ、飲食も中止とし

会員総会のみ開催することとしました。

 

緊急事態宣言が解除されましたが

クラスター発生は今後もあると思いますので

少しでもその可能性を低くするために

オンラインで開催することにしました。

 

 

6月に入り会員の皆様へメールで出欠のご案内をしましたが

うれしいことに皆さまから続々返事をいただいています。

 

感謝、感謝です。

 

会員総会は6/16火曜日です。

出席される会員様へオンラインアドレスを事務局より前日までにお送りします。

| お知らせ | 12:25 | comments(0) | - | pookmark |
ヒントになる言葉 3

先週までひたすらトップインタビューの編集業務していました。

なんとか終わり、あとは印刷。

この本は、電子書籍で販売されますが

一部印刷されます。

印刷本は予約販売となりますので、

ご希望の方は事務局まで。

さて編集から見えてきたインタビュアーの言葉です。

◆スーパーの花売り場がもっと充実してほしいですね。例えばブーケを置くとかです。

製造ラインを組む時にリスクを避けるために色々なものを作付けしていて、例えばスーパーの花売り場の単価が上がれば、

一つ一つのアイテムを増やしながら事業を拡大していけると思っています。

◆今はグローバル社会じゃないですか。英語もコンピューターもできない人が社長を続けるのは無理だとはっきり自分で認識したのです

◆剪定についても、花がこの枝を切ってくれと言っているのが聞こえないのかと言われたりしました。

◆小手先の技術より、熱量と費やしてきた時間が見える仕事は、人の心を動かすものだと思っています。

◆会社が伸びるか伸びないかは自分次第だと思っています。自分が引っ張っていかないとみんなが伸びることができません。

◆作業工程が一部おろそかになっていても、チェック機能がないと、見過ごしてしまいます。でもMPSに
入っていると、きちんと記録を取るとか、報告を上げなければいけないとかが習慣づけになるし、第三者の審査やチェックがあるので、社員教育にもなります。それぞれが責任をもつということがあるので、とてもいいと思います。

時代背景が違う中で、試行錯誤して経営していた、しているトップの話!!

勉強になります。

産地、市場、小売り、運送、仲卸、輸入など

本の中には花業界のいろんなトップに話を聞いていますので

読む人によっていろんなヒントを得ることができるのではないかなぁと思います。

『(インタビューで綴る)花産業の戦後史(1945年〜2020年)』

*定価¥2800予定(税込)

*購入希望の方は、JFMA事務局までメール願います。info@jfma.net

| お知らせ | 12:36 | comments(0) | - | pookmark |
ロックダウン中に、何をするか。したか。人との交流は?

イタリアの装飾産業はパンデミックの影響を非常に強く受けています。ロックダウンの間、多くの生産者は完成した植物の最大90%を廃棄しました。幸いにも、イタリアは封鎖を緩和しているので、装飾用の販売が増加していて、ポジティブな雰囲気が生じています。今日のソースはここ

 

DIEM srlのAlexandro Bockはイタリアで若くて、素晴らしい植物を育てて、世界中に彼の品種を供給しています。

彼にとって、ロックダウン中の期間は通常「ローシーズン」ですが、彼はまた、根付いた挿し木と半分完成した植物のキャンセルを3月に経験しましたが、売り上げが回復し始めたため、生産者は再度作り始めました。

 

 

 

 

 

イースター後の母の日以降の売上の落ち込みはありません。国が封鎖を緩和し始めたため、観賞用植物の売上が増加し始め、母の日にピークに達しました。「通常、母の日の後で、私達は植物販売の少し減少があります、しかし今年はそうではありませんでした。すべての園芸植物は好調な市場を持っていました。」今は少し減速していると彼は説明しますが、これは主に人々が数日後に再び海辺に行くことが許されているからです。しかし、今シーズンへの期待は高い。 

 

 

 

 

ハイビスカスの好調な売上高
ハイビスカスについても、数量だけでなく価格面でも売上が伸びました。「今年、ハイビスカスの植物の価格はさらに高くなりました。栽培者は価格を少し高め、園芸用品センター、スーパーマーケット、DIYストアへも増やしました。そして、それは売上に影響を与えなかったようです。消費者は、庭に長期間咲き続ける商物にお金を出すことに躊躇しません。」そしてボックは、イタリアだけでなく、数年前からこの傾向に気づいています。「中国では数年前から需要が高まっており、最近ではギリシャやルーマニアからの要望も増えています。スペインもここ数年で数量が増えていますが、COVID-19の状況でシーズンが複雑になっています」

 

 

 

育種
ロックダウンの時期は、通常DIEMには、ローシーズンであった。彼らは14-20日間、温室のドアを閉めなければならなかったとして、彼らは育種や、繁殖に集中しました。「私の父、母、そして私は植物の世話をしていました。父は育種に100%焦点を当てていました。彼は育種を終え、人々が再び地域内を移動することを許可されるとすぐに、顧客はそれを見に来ました。過去10日間、全国のお客様をお迎えし、ミニ、ミディアム、ビッグの花の新しい品種を紹介してきました。これまでに寄せられたフィードバックは非常に好意的であり、最終的にどの品種を選ぶか決定に役立ちました。

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ロックダウン中、育種し続けるさすがイタリアの生産地ですね。

私たちもアフターコロナ、ウィズコロナ、の中どのような生活スタイルになるのか

見定めて戦略を練っていく必要がありますね。

 

人と会うことは制限されていますが

せめて・・・。交流はしたいですね。

 

JFMAでもオンラインで交流できないか現在模索中です。

フラワービジネス講座もオンラインで開催しますので

東京へは来れなかったけれど・・・。

という人も参加できますので、こちらをぜひ詳細を見てくださいね。

 

| お知らせ | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
JFMAニュース2020年4月号、5/1臨時号、5月号を会員専用ページにアップしました。

 

 

JFMAニュース2020年4月号、5/1臨時号、5月号を会員専用ページにアップしました。
会員様へは既にメールでお送りしております。
 

コロナで在宅ワークとなり・・。4月号(4/20)、5月臨時号(5/1)、5月号(5/20)

メールで会員様へニュースを発信していますが

「電子ベースでいい。紙は回覧しずらい」といった意見を頂きます。

同様に

「このままずっとメールでほしい」

という人もいれば

「郵送できないなら、FAXでいいから紙で送って、遅れてもいい」

という意見も。

会員様と会話ができてうれしいです。

 

とはいえ、メールの方が、電話をするよりはハードルが低い様で

普段、お会いするのが難しい忙しい人ともメールでやり取りできるのが

嬉しいです。

 

 

 

MPSニュース4月号はMPSのホームページでご覧いただけます。

 

| お知らせ | 11:07 | comments(0) | - | pookmark |
フローリストの84%は母の日が予想よりも良かった(北米)

北米の母の日の結果が出ていますのでこちらで掲載します。

リンク先はこちら

 

 

今年の母の日はおそらくこれまでで最も珍しい休日だったでしょう。

Florenextは花屋を調査しました、そしてそれは成功した休日であったようです。 

つまり、フローリストの84%は母の日が予想よりも良かったことがわかります。

 

ほとんどの注文は、主に4月の第4週にオンラインで届きました。平均注文は75米ドルで、最も人気のあるギフトアイテムとしてチョコレートまたはキャンディーを使用した、最も売れた商品として生け花がありました。花屋のほぼ半分は必要な花を手に入れましたが、いくつかの問題がありました。 

Floranextは、5月15日から5月19日までの間に、245人の花屋(そのうち85%が米国、7%がカナダ、8%が海外)を調査しました。 

以下のすべての結果を参照してください。 

| お知らせ | 08:44 | comments(0) | - | pookmark |
『(インタビューで綴る)花産業の戦後史 (1945年〜2020年)』ご案内

 

3月下旬の在宅ワークが始まったくらいから

ずっとこの作業をしておりました。

 

ついに。。。完成といいますか、最終段階。。

電子出版ですが一部、紙の本を作ります。

予約販売となりますので、ご希望の方は、JFMA事務局宛てにメールください。

info@jfma.net

 

JFMA20周年記念誌

『(インタビューで綴る)花産業の戦後史

(1945年〜2020年)』

 

*定価¥2800予定(税込)

*購入希望の方は、JFMA事務局までメール願います。info@jfma.net

 

小川先生よりメッセージ!!

 

 

【本の紹介】

本年5月18日、JFMAは誕生から20年周年を迎えます。花業界の横断的な組織として成人するにあたり、『JFMAニュース』の「トップインタビュー」を再編集して、『花産業の戦後史(1945年〜2020年)』という書名で刊行することにしました。

JFMA創立以前から今までの75年間、日本の花業界の動きをインタビューで綴った戦後史になります。インタビューでは、ヽ銅劼硫峪業への取組み、経営者としての花に対する想い、その他花ビジネス以外のことなどを語っていただきました。

出版に際しては、ニュースでの掲載順を入れ替え、部門別にインタビュー記事をカテゴリー分けしてみました。全部で25社の経営者にインタビューをさせていただいています。記念誌とし刊行するにあたっては、現状に合わせて再編集作業をしています。

基本はデジタルでの出版になります。ただし、限定300部で印刷本として残すことにしました。会員の皆様には、記念の意味でも是非、印刷本の方もお買い求めください。こちらは予約販売のみになります。

 

2020年5月18日(JFMAの創立から20年目)

JFMA会長(法政大学経営大学院教授)小川孔輔

 


(目次より)

 

トップインタビュー  (敬称略・取材時の役職にて掲載)

 

【その1】 花や植物を販売する(1) 花専門店  

Selling flowers and plants - Florists

株式会社花弘 代表取締役会長 細沼 忠良

株式会社日比谷花壇 代表取締役社長 宮島 浩彰 

株式会社花恋人 代表取締役 野田 将克

FLEURISTE BON MARCHE 東京支社長 高橋 祐介

ブルーム&ストイラプス 代表取締役 今井 英之

 

【その2】花や植物を販売する(2) 量販店  

Selling flowers and plants - Mass-merchandisers

株式会社カインズ 代表取締役社長(現会長) 土屋 裕雅

株式会社ヤオコー 代表取締役会長 川野 幸夫

アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役社長(現会長) 大山 健太郎

日本ポリ鉢株式会社 代表取締役 大岩 正美

 

【その3】花を捌く 

Buying in and delivering flowers and plants
株式会社JF兵庫県生花 会長 藤原 孝

株式会社フラワーオークションジャパン 代表取締役 藤澤 俊三

株式会社オークネット 代表取締役(現会長) 藤崎 清孝

株式会社フローレツエンティワン 代表取締役(現会長) 小池 潔

株式会社ワイエムエス 代表取締役社長 坂本 陽子

三和陸運株式会社 代表取締役 井上 博保

 

【その4】花を栽培する

Breeding and growing flowers and plants
株式会社三豊園芸 代表取締役(現会長) 前川 茂

有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役 平出 賢司

有限会社青木園芸 代表取締役 青木 良平

株式会社ミヨシグループ 取締役会長 三好 世紀

福花園種苗株式会社 代表取締役 吉田 豊

株式会社ベルディ 代表取締役 水谷 朱美

サントリーフラワーズ株式会社 代表取締役社長(現会長) 森本 篤郎

 

【その5】植物や花をデザインする

Designing and arranging flowers and plants

そら植物園株式会社 代表取締役社長 西畠 清順

プランティオ株式会社 代表取締役 芹澤 孝悦

株式会社プーゼフルール 代表  浦沢 美奈

| お知らせ | 07:46 | comments(0) | - | pookmark |
キューケンホフ、成功したバーチャルシーズンを終了

過去8週間で2200万人の訪問者がキューケンホフバーチャルオープンを楽しんだ。今年は公園が一般公開されなかったため、オンラインとテレビのキャンペーンが開始されました。「キューケンホフに来られない場合は、キューケンホフをお届けします」をモットーに、キューケンホフは人々の家にチューリップの素晴らしさをもたらしました。

 

◆キューケンホフが事実上オープン
キューケンホフは、ソーシャルメディアチャネルを介して8週間で23本の動画を共有し、毎週公園の開花の新しい動画を公開しました。庭師は様々な花について説明し、公園の美しい場所を示しました。

キューケンホフは、通常とは異なる方法で、オランダの植物栽培セクターの国際的なショーケースであり続けました。晴れた春のおかげで公園は美しく咲いた。

「キューケンホフのオンラインキャンペーンは成功しました」とBart Siemerink監督は言います。「キューケンホフのFacebookには、春の前にすでに176,000人のフォロワーがいました。この数週間でそれは267,000に増加しました。Instagramではフォロワー数が35,000から62,000にほぼ倍増しました。キューケンホフのキャンペーンに対する反応は好意的でした。公園には多くの(手書きの)支援の手紙が寄せられました。電子メールやソーシャルメディアを介して投稿に感謝します。これは、この困難な時期に心温まるものでした。」

◆新しいイニシアチブ
キューケンホフ公園も、公園をユニークな方法で世界に紹介する機会を提供しました。これは、とりわけ、バーチャルリアリティツアーと公園内の360度の散歩によって行われました。60万人以上がこれらのビデオを視聴しました。

バートジーメリンク監督がキューケンホフの30分間のガイド付きツアーで視聴者を連れて行ったFacebookのライブストリームは、500,000人以上の視聴者に見られました。これにより、視聴者はまるで実際に公園にいるかのように公園を体験することができました。

 

 

◆テレビでのキューケンホフ
今シーズン、国内外のテレビチャンネルとさまざまな新しいコラボレーションが始まりました。オランダのテレビチャンネルであるOmroep Maxとの素晴らしいコラボレーションがありました。2つの45分のドキュメンタリーのおかげで、100万人以上の人々がキューケンホフの春のイメージを楽しんだ。他のオランダのテレビ番組の放送も、オランダの何百万人もの視聴者によって視聴されました。キューケンホフはまた、ZDF、ARD、TF1、CBS、およびその他の主要なチャンネルを通じて海外に紹介されました。このようにして、キューケンホフはオランダの花の色鮮やかなビデオで幅広い聴衆に到達することができました。SLAM FMでのDJ Fedde Le GrandによるライブパフォーマンスとヴァイオリニストのRosanne Philippensとのビデオのおかげで、キューケンホフは、通常公園に来る訪問者以外にも、今年は他のターゲットグループにもアピールしました。

 

◆シーズン2020年
今年はキューケンホフを訪れる訪問者のいない年であり、したがって収入のない年でした。「幸運なことに、キューケンホフはここ数年で良い季節になりました」とジーメリンクは言います。「次のシーズンに向けて取り組んでいます。今年の2021年の準備を使用しています。実際に公園を訪問者に見せることを楽しみにしています。」

キューケンホフは2021年に3月20日から5月9日までオープンします。

 

 

オランダのキューフエンホフ。本当に素敵だったことを思い出します。

広くて、歩くのがつかれました。

バーチャルで見られるものいいですね。

 

動画の最後にスタッフの皆さんが笑顔で手を振ってくれていました。

みんな一生懸命作った庭。

 

お客様も毎年行くのを楽しみにしていた人たちは残念だったでしょうね。

来年いけることを楽しみに、まずはコロナの終息ですね。

 

 

| お知らせ | 08:11 | comments(0) | - | pookmark |
スーパーマーケットでの花の消費は伸びる

休業要請が続く中で、スーパーマーケットはオープンし続けています。日本でもスーパーマーケットで花を買う人が多くなってきていると思います。外出制限の中で家に居る時間が多い。だからこそ、花を飾りたい、触りたい。これは海外でも同じなんだと思いました。スーパーマーケットで花を販売しっかりしていこう!という記事を見つけました。

少し長く、わかりにくい表現もありますが、お時間あればご覧ください。

 

 

リンク先はこちらです。

 

5月6日、PMA円卓会議で、パネリストは以下の話をしました。

  • eコマースは強力であり続けます。
  • 小売業者は、価値のあるアイテムを提供する必要があります。
  • 消費者の買い物パターンが変化しました。
  • スーパーマーケットは花の販売を最大化するために店頭でもオンラインでも努力しなければいけません。
  • そしてガーデニングに関連するものはすべて需要があります。 

 

消費者の洞察

ユーロモニターは、GDPが2009年の景気後退よりも大幅に低下すると予想していると報告した。しかし、彼らは良いリバウンドを期待しています。Euromonitorによると、スーパーマーケットでのショッピングの機会ははるかに体系化されています。

 

カジュアルな買い物は終わり、その代わり、消費者はリストを用意し、店舗での時間を最小限に抑えています。一部の地域では、消費者はレストラン予約タイプのアプリで食料品の買い物を予定しています。衝動買いはダウンしています。

消費者は食料品の小売を含め、オンライン購入への急激なシフトがあります。eコマースは強力なチャネルであり続けるでしょう。Euromonitorによると、スーパーマーケットは、消費者がオンラインで注文している間に、衝動買いさせる方法を考える必要があります。

たとえば、チェックアウト時またはレシートが配達されたときに、追加のサービス料金なしで衝動買いアイテムを提供できるなど。。また、非常に経験豊富な店内戦術を再考する必要があります。

ストアは、デジタルエクスペリエンスの作成に変換するがあります。。

◆小売業者からの更新

消費者はスーパーマーケットへ行く回数を減らし、一度の買い物で多く購入しています。彼らは週末だけでなく、曜日ごとに買い物をしています。

 

小売業者によると、種、球根、ハーブ、屋外の芝生やガーデン製品の販売は引き続き好調です。ある小売業者は、パーティー用品店が閉鎖されているため、バルーンの売上は好調だったと語った。キャンドルのようなギフトタイプの商品も好調です。

 

別の人は、屋内の鉢植え製品の販売が好調であると述べました。人々は基本的な商品アイテムにシフトしています。束と花束が再び離陸しました。低価格で新鮮なカットの商品の方が売れています。配置はあまり人気がありません。

 

小売業者はまた、電子商取引は非常に好調であり、一部のチャネルでは販売実績が報告されていると述べています。オンライン販売を最大化するには、店舗は消費者が花を簡単に購入できるようにする必要があります。

 

限られたSKUを提供することは、適切な価格設定とともにマーケティング担当者や広告スタッフと協力して、消費者が花をオンラインで購入できることを簡単にする必要があります。

しかし、花のオンライン販売が好調な場合でも、スーパーマーケットがeコマースの顧客が花をより見やすく、簡単に購入できるようにする方法を見つけることが重要であると述べています。

 

花を、衝動買いしてもらうには、課題があります。たとえば、ある小売業者は、一部の店舗では花のセクションがテープで留められており、通行の流れを誘導し、距離を維持していると報告しています。しかし、別の人は、彼らのレジスターの待ち行列は花の部門を通過すると述べた。一部の店舗では花の部門が配置されています。

小売業者はまた、たとえ社会的な距離が集まりを制限しているとしても、人々はお祝いしたいので、スーパーマーケットは消費者向けのギフト商品をしっかり提案していく必要がある。

◆Dutch Flower Groupからの更新

オランダフラワーグループの代表は、オランダ、ドイツ、イギリスのスーパーマーケットがパンデミックの最中にフローラルを販売する素晴らしい仕事をしたと述べました彼らは米国で花の需要が高まっているのを見ていますが、ヨーロッパから航空貨物を入手するのは困難です。中国では花のボリュームは通常よりも少し高くなっています。イタリアは持ち直しました。全体的な見通しは、2週間前よりも前向きです。通常の音量の90%です。品揃えは違いますが、人々は花を買っています。

 

豪華な花は安価です。ただし、輸入品の運賃がかかるため、オランダのオークションではバラの価格が3倍になります。花の販売が好調であると予想されるため、ヨーロッパでは花が不足する可能性があります。人々が家にいる場合、彼らはより多くの花を買っています。オンライン販売は本当に伸びています。

彼らは外出制限が解除されれば、それが治まると期待しているが、新型コロナウィルスの影響で、オンラインで生鮮を注文することを当たり前にしました。

 

 

◆消費者感情

 

消費者はスーパーマーケットへ行く回数を減らしていますが、より多くを費やしています。研究者は、この傾向が今後12か月間続くと予想しています。

オンラインショップを利用する人の半数は、今後12か月でより頻繁に購入すると回答しています。世界的に、インターネットの売上高/ eコマースは大幅に増加しています。

 

店頭でもオンラインでも、消費者は花の購入を控えていると言っています。主な理由は、彼らがより少ない買い物と経済的な懸念をしていることです。

最も人気のあるアイテムとより長持ちする植物を検討してください。非接触型ショッピングは新しい常識です。接触機会が少ないほど良いです。消費者は花に対して肯定的な感情をもっています。

 

パンデミックですが人々は花を愛し、花は依然として良い贈り物です。

ある買い物客は、花が店内の最初のストップ/セクションであり、スーパーに入るとき「幸せな気分になる」とコメントしました。

◆経済と金融の救済アップデート

エコノミストは、封鎖は各国約3か月続くと考えており、5月から段階的に再開します。

 

米国とヨーロッパでいくつかの開口部を見ています。この段階での繭化効果は、売上にプラスの影響を与えるはずです。世界のGDPは今年約-3%減少すると予想されていますが、来年は経済成長が見られます。

社会的距離の要件や航空貨物のコストの増加など、いくつかの要因により、花の生産にはサプライチェーン全体で追加のコストがかかります。危機はまた、持続可能性の目標に悪影響を及ぼします。

中小企業のアドバイザーは、米国の中小企業のための金融救済オプションに関するアドバイスを共有しました

 

米国では、500万件を超える申請がEIDLに提出されました。それらのアプリケーションはもはや受け入れられていません。給与保護プログラム(PPP)を通じて資金を確保した人は、適切に使用され、文書化されていれば、お金を返済する必要はありません。中小企業がPPP資金を確保できなかった場合、資金調達の選択肢があります。

 

 

 

 

| お知らせ | 08:42 | comments(0) | - | pookmark |
「花業界はオンライン販売のピークを迎え、非常に急速に回復しています」

「花業界はオンライン販売のピークを迎え、非常に急速に回復しています」

 

「通常の量の90%に戻っています」と、Dutch Flower Group(DFG)のCEO、Marco van Zijverdenは言います。

33の個々の会社で、彼らは花と植物をすべての流通チャネルに供給し、世界中の卸売業者と大規模小売セクターを輸入しています、そして、COVID-19危機の過去、現在そして未来を見るとき、彼らはフラワー業界は非常に急速に回復しており、現在オンライン花の売り上げがピークに達している。

 

 

 

◆Covid-19の発生から今まで
中国に続いて、ドイツ、イギリス、イタリア、スイスなど、DFGの他のいくつかの重要な輸出国が3月中旬に封鎖されました。それは花産業に大きな影響を与え、3月16日にオークション数量の50%が破壊されました。幸いなことに、過去数週間で、ますます多くの国が開通し、現在、貿易のために開かれているか、部分的に開かれています。売上高は増加した。

 

「中国では、COVID-19の前のボリュームに戻りました。スイス、イタリア、フランス、スペインの回復がゆっくりと進んでおり、ドイツの動きが速くなっています。また、米国以外では、花の需要が再び増加しています。

 

しかし、航空貨物の制限とコストの増加(2倍)により、花をオランダからそこに発送することが困難になっています。ケニアも同様で、航空貨物の25%しか利用できません。

 

 

 

◆オンライン販売の急増
すべてのチャネルで、DFGはオンライン販売を除いてほぼ通常の量に戻っています。「園芸用品センター、DIY店、卸売りでは、80%に戻っており、量販店は90%ですが、オンラインは昨年に比べて約4〜5倍高くなっています。もちろん、オンラインはまだ限られた部分です。」 

 

 

 

 

◆COVID-19中のキャンペーン

パンデミックの真っ只中で、DFGはじっと座っておらず、ヨーロッパで花(および植物)を頭に浮かび上がらせるために全力を尽くしました。3月27日、オランダのフラワーカウンシルと共にキャンペーンLet Hope Bloomを立ち上げ、ブリーダーや生産者と協力して、オランダの高齢者に聖金曜日(4月10日)に15万本のブーケを届けました。

 

その間、オランダの園芸産業は政府からの支援を受けるために一生懸命働いていました、そして彼らは現在2つの支援の方法、すなわち労働コスト補償と花卉栽培のための緊急資金を受けていますと彼は説明します。 

 

 

 

◆品揃えの変化
Van Zijverdenは、消費者が花や植物を購入し続けていると考えています。「彼らは彼らの意味を保ち、人々にもっと良い影響を与える。」しかし、この時期、卸事業の品揃えが少し変わった。

「イベントがないため、専用の花や植物の需要は少なくなりますが、家庭用、装飾、庭に重点が置かれるため、大量の花や植物の需要が高くなります。これは、価格:豪華な花は現在価格が安く、大量の花は良い価格を受け取り、人々はそれらを購入し続けます。」

 

 

 

◆COVID-19後の期待
COVID-19後の状況を見ると、DFGは、花の小売りがスーパーマーケットよりもさらに速い「ディスカウント」でより高いペースで成長し続けると予想しています。そして、より多くの人々が家にとどまるようになると、植物や花の需要が高まることが予想されます。しかし、花は十分でしょうか?生産者の現在の状況により、それは問題になるかもしれません。

 

雇用も課題となることが予想されます。「一方で、失業率は高いだろうが、他方では、現在多くの労働移民が去っており、それが仕事をしやすくしている」と語った。

 

 

また、花業界の企業は倒産することが予想されますが、ファンツィーバーデン氏は、これらがパンデミックの前に良好な状況になかった企業のみであることを強調します。彼らはこれらの花のビジネスの10%が倒産すると予想しています。

 

最後に重要なこととして、彼らは海上輸送のようなロジスティックの代替オプションが成長することを期待しています。「今では、コロンビアからイギリスだけでなく、ケニアからも海を経由して花を出荷するようになりました。それでも、20〜25日かかった後でも、花の消費者には7日間の花瓶の寿命が保証されています。

 

 

リンク先はこちらです。

| お知らせ | 16:38 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode