<< 今後の花屋さん、花業界の取り組み 何が必須? | main | 11月はイベント目白押し >>
ガーベラ 3週間後に綿毛が出てくる その水揚げの技術とは?

JFMAが主催しているフラワービジネス講座後期4回目(次回は11/5)

2講目は薄木氏(株式会社花佳 代表取締役)「お花の品質管理・日持ちするお花」

1講目の宍戸氏の話も・・最高に面白かったですが

薄木氏の講演もすごい。

 

花の品質管理・日持ちするお花

というタイトルで、どういったアプローチで話してくださるのかな?

と思ったところ・・。

 

 

花が入荷した時にチェックするポイントをそれぞれ教えてくださいました。

*花の節間、花弁、額裏、巻き数

道具をどのように使用するのか。その使用の仕方で、花持ちが変化する

 

花を入れる器に関しても

ブリキ・銅が材料の器は、切り花栄養剤は「効果なし」

プラスチック製容器は、「スポンジで洗う」

 

フローラルフォームについて

特徴をわかりやすく説明

水温の違いで、給水が全く違う

 

ミョウバンに関して・・。

 

ガーベラをミョウバンで水揚げ

カットは少し(空洞の手前)、ミョウバンをつけ

水は浅く

時々茶色くなるのは、りんごが皮をむいたら茶色くなるのと

同じ構造・・・。(なんと!!!)

糖分は日持ちに関係ない。殺菌あるのみ(なのでミョウバンでいい)

 

 

*そして花持ち剤のメーカー別による効能の話

 

単子葉類

双子葉類

で水揚げが違う話

(これもかなり、わかりやすく具体的!!)

 

*千両は叩かなくていい。

 

 

*アイビーの水揚げ方法

かなり具体的!!

本当にアイビーは水が下がりやすい・・・。苦労したことを覚えています。

 

 

あー、本当に面白かった。あとは参加メンバーに合わせて話をして下さるのが

本当にすごい思いました。(その他講演者もほとんどですが)

 

通説と、深い話をぐるぐる織り交ぜた講演時間でした。

 

同じ内容ではありませんが

ビジネス講座の講師の話が

11月20日〜22日 ビックサイトで開催される

「フローラル・イノベーションEXPO」で

講演を聞くことができます。

 

無料ですが事前登録が必要ですので

以下からご登録をお願いします。定員70名ですのでお早めにご登録下さい。

 

 

https://jmacv.herokuapp.com/ai2019/seminars/timetable?direct=NORMAL

 

 

 

 

| セミナー | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode