<< 南アメリカからアメリカへの輸送の今後 | main | オンライン会議で気をつけたいこと >>
花きの今後の動き UK

コロナウィルスの感染拡大が抑えられ、少しずつ経済活動が戻り始めましたね。

 

百貨店の久しぶりのオープンなどでうれしそうに買い物する人達をテレビで見かけました。

生産された花の行先は、小売りか業務用といわれる冠婚葬祭、会社などの仕事花に

振り分けられます。

 

小売りは営業再開する店も増え、花の出口は少しずつ増え始めたかもしれません。

しかし。仕事花といわれる、撮影用や映画館、舞台、ライブなど大型の装飾も含めて

そこで使われる予定だった花たち、冠婚葬祭の花たちは、当面行き場を失ってしまっている。

 

ネットは好調で、今後もシェアを伸ばしていく。ではホームページをテコ入れして

生産者が、直接販売することも考える必要がある??

 

 

生産者さんたちは何を作るか、どのくらい作るか?

答えのない問題に直面ですね。

イギリスの生産者にプラグを提供する会社の記事が掲載されていましたのでこちらでシェアします。

 

 

 

UKの市場変化

ロックダウンの最初の週は、注文がどこでもキャンセルされて恐ろしいものでした」とSeiont NurseriesのUKプラグアンドライナープロデューサーNeil Alcockは言います。

しかし、インターネットの販売が急増し、バンの配達が始まったため、売り上げを伸ばすことができました。「全体として、4月は私たちにとって非常に良いものであり、昨年と比較して売上はまだ遅れていますが、COVID-19危機は私たちのビジネスをより強力にし、来年の成長を可能にします。市場は永遠に変化し、私たちの新しいウェブサイトで、私たちは消費者の「オンラインニーズ」を満たすことができます。

 

 

◆通販・ネット通販の売上高は増加ネット通販の増加に
伴い需要は持ち直し。Seiont Nurseriesは長年にわたり、通信販売会社やオンライン小売店に供給してきました。園芸用品センターが閉店する必要があったため、多くの人々がインターネットに目を向けました。「キャンセルされた注文の多くは、インターネットで販売できるようになりました。」

 

 

◆新規顧客-バンの配達
既存のチャネルでの売上の増加に加えて、顧客ベースも拡大しました。「私たちの製品を求めて、より多くのバンの配達が発生するのを見ました。それらのために、私たちはさまざまなコレクションを提供しています。」

 

◆独自のウェブサイト-LoveGardeningDirect.com 
パンデミックの最中に、親会社であるロバニアと独自のウェブサイトを立ち上げました。

このウェブサイトwww.lovegardeningdirect.comでは、シダ、多年生植物、低木のコレクションを提供しており、

都市に住む消費者に非常に人気があると思われる、選択可能なパティオ/バルコニーコレクションも立ち上げました。

 

しかし、これをすべて短時間で完了することはどうして可能だったのでしょうか。

「すでに2、3年前に計画を立てていました。ウェブサイトはすでに構築されていましたが、オンラインに行くことはありませんでした。オンラインでの売り上げが増え始めたので、立ち上げるのに最適な時期だと思いました。 、私たちはオンラインでした。」アルコックは今のところとても喜んでいます。

 

「私たちは新製品に取り組んでおり、このウェブサイトでは、人々は最新の品種を購入することができ、彼らはそれを非常に気に入っているようです。」

 

 

◆輸出の回復

先週から、Seiont Nurseriesは再び輸出を開始しました。「私たちはイタリア、フランス、オランダに出荷を送りました。幸いなことに、私たちには完全な労働力が戻ってきたので、これらの国の生産者のためにすべての出荷を準備することができます。」しかし、英国の生産者への全国出荷はまだ回復していません。「ガーデンセンターは2週間前に再開したので、注文は来週かそこらになると思います。」

◆市場は利益のために変化し たアルコックによると、パンデミックと封鎖は市場を利益のために変えました。「将来的には、外出するときは人々がより慎重になると思います。オンラインの売上高は、前年度よりも高いままであると思います。」

 

 

◆「私たちをより強くしました」
Seiont Nurseriesにとって、最後の2か月間、特にロックダウンの直後は多忙でした。

「私たちは迅速に適応する必要がありました。幸い、私たちはそれほど大きな会社ではないため(年間150万プラントを生産)、それを実現することができました。全体の状況は、ビジネスをより強力にし、すべての変化に適応することにより、 、新規および既存の市場での売上が増加しました。

今年は、昨年に比べてわずかに減少すると予想していますが、今年達成した結果を見ると、来年ははるかに良くなることは間違いありません。 」

 

 

 

| お花のこと | 09:54 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode