<< コロナが変える働き方 | main | フラワービジネス講座 オンラインの効果 >>
『はじめて花屋』開店 佐々木希さんアンバサダー

コロナ禍でお家で花を飾る人が増えました。

でも初めてなので・・。「飾り方がわからない」「管理方法がわからない」というアンケート結果があったようです。

それを受け・・。なんと農林水産省から補助を受事業予算を活用し、

 

花き業界の9団体で構成される日本花き振興協議会は

おうちで花を楽しもう、というメッセージを発信する「ENJOY HOME with FLOWERS」キャンペーンの一環として、

自宅に花やグリーンを初めて飾る初心者に向けた特設サイト『はじめて花屋』(https://nippon-fc.jp/hajimetehanaya)を

6月10日に公開しました。

また、『はじめて花屋』開店にあたり、日頃からおうちで花を楽しんでいる佐々木希さんが “開店記念アンバサダー” に就任することが決定いたしました。

 

ニュースリリースはこちら

 

◆『はじめて花屋』特設サイト https://nippon-fc.jp/hajimetehanaya

 

花店さんはぜひこちらからポスターなどはここからダウンロードしていただき

店頭でポスターを飾ってくださいね。

 

 

初めての花屋とは??

 

 

『はじめて花屋』は、自宅に初めて花を飾る”花初心者”が感じている、花選びや花の取り扱いに関する様々な疑問を解決するためのWEBサイトです。

2020年4月末に行われた調査(※)では、自宅で過ごす時間が長くなって以降、「以前に比べ、花やグリーンを飾りたくなった」と回答した人は90%にのぼり、実際に飾る頻度が「増えた/やや増えた」と回答した人は半数以上の56%となり、自宅に花を飾る人が増えていることがわかりました。

一方で、花やグリーンを飾る際に「素敵に飾る方法がわからない」や「花の扱い方やグリーンの育て方に関する知識がない」と回答した人が4割以上、全体の95%の人が何かしら困っている、という結果になり、花を楽しみたいのに様々な悩みがあることもわかりました。

 

#花のABC

これさえわかれば大丈夫。
初めて花と暮らす時に知っておきたい7つの基礎知識を
イラストともにご紹介。

ちょっとしたコツをつかめば、花はグンと長く楽しめます。
ぜひ参考にしてみてください。

#あれもこれも花瓶

身近にあるいろんなものが
素敵な花瓶に変わるアイデアをご紹介。

新進気鋭の女性写真家・石田真澄さんが撮影、
おしゃれな花瓶アイデアが見つかるコンテンツとなっています。

 



#花のあるズボラなくらし

面倒くさがりな人でも
お手入れが簡単な花やグリーンをセレクトしました。

夏でも長く楽しめる花や、水やりをサボっても大丈夫な植物など。
気軽な気持ちで花と一緒に暮らせる豆知識をお届けします。

 

#ビタミンF

花やグリーンの持つ驚きの効果
「ビタミンF」についてご紹介します。

花やグリーンがある部屋では
ストレスがやわらぎリラックスできる、という研究結果も。

「ビタミンF」のFはFlowerのF、
“花のちから”を体験するきっかけに

 

 

お客様にぜひ勧めてくださいね!!

 

〜みんなの#あれもこれも花瓶 アイデア募集キャンペーンについて〜
家にあるさまざまなものを使った花瓶アイデアをSNS上で募集する「みんなの#あれもこれも花瓶 アイデア募集キャンペーン」を開催いたします。TwitterまたはInstagramで @nippon_fc2020 をフォロー、「#あれもこれも花瓶」のハッシュタグをつけて、おうちに飾った花の写真を投稿してくださった方から抽選で10名様に投稿いただいた写真にぴったりの花をプレゼントいたします。
募集期間:2020/6/10〜2020/6/30

 

そしてなんと・・有識者コメントとして小川先生が・・・。うれしいですね。

 

  • 有識者コメント 〜今、おうちで花を楽しむ人が増えている〜


小川 孔輔 先生
法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科教授
日本フローラルマーケティング協会会長

 

約2ヵ月に及ぶ自粛期間で、花やグリーンが私たちの心を癒すアイテムとして大切な存在であることが、調査結果からも明らかです。3月末から5月の「母の月」まで、花店は業務需要(婚礼やイベントなど)を大きく失いましたが、店頭売りは好調でした。ネット販売も好調で、前年比で2倍〜3倍に伸びています。

なお、この期間で特筆すべきことは、花売場を新設するチェーン小売業が出現したことです。その代表例が、ユニクロのパーク横浜ベイサイド店と6月5日に開店したばかりの原宿店です。ほぼ同時期に、無印良品の銀座店などでも9年ぶりに花売り場が復活しました。背景にあるのは、花やグリーンを自宅で楽しむことに対する潜在ニーズです。

今回新たに花に関心を示している人たちの多くは「花初心者」です。花の扱いについて正しい情報を平易に提供し、彼らの困りごとを解決してあげないと、花のファンになってくれません。新たな顧客に「花のある暮らし」を定着させる役割を、この「ENJOY HOME with FLOWERS」キャンペーンが担うことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

| お知らせ | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode