日本は切り花輸出国になれる??

昨日はJFMAデー

松島事務局長のブログにもセミナー内容は書いてありますが・・・。

 

日本は花きは将来本当に輸出できるのか?

日本の現状から見て具体的にセミナーの話は進みました。

花き輸出で国を繁栄させている南米コロンビア・エクアドルそして
アフリカ ケニア・エチオピアは、生産能力に優れていており

輸出先の要望に応えて、日持ち試験・徹底的な品質管理とコールドチェーンを確立している。

 

SPマムの産出国マレーシア・ベトナムも検疫に対する徹底的な管理が

産地に義務づけいる。

 

ヨーロッパには産地もありますが

先ほど上げた花き生産地からどんどん花を輸入。

ヨーロッパ市場はSDGsの動きがリテーラー、消費者までに徹底的に

降りており、環境負荷軽減のMPS−ABC、SQ GAPを取得していないと

お店に陳列すらされない。

 

FSIという動きもある。http://fsi2020.com/

花き業界の25のステークホルダーが集まり2012年設立

花業界の持続可能性実現のため、2020年までに花きの90%が社会及び環境に対して

責任ある形で生産・流通させることを目標にして活動

2013年 国際NGO団体になりベルギーに本拠地を置いている

 

 

アメリカはそこまで環境負荷への関心は低いが

それでもヨーロッパの環境認証の徹底に

困った産地はアメリカ・アジアへの輸出も検討に入っているよう・・・。

 

日本の花きがこの環境負荷軽減の社会で生きていけるか?は疑問。

 

但し、大手に乗り込まず・・・。ニッチなエリアへの輸出は行けるのでは?

という話もある。中国は品種が少ないので

日本の品種豊かな切り花はとーっても魅力的!

中国ではブライダルで多く花が使われるよう。

ネットでも若い世代が花を買っている。

 

ここへ日本の花を・・・。

ただ日本から花を輸出する場合は「雑貨」扱いとなり

運賃が跳ね上がる・・。

輸出先での価格が上がってしまう。

 

価格が高くても買ってくれる人たちを探さなくては

日本の花きの輸出拡大は、まだまだ難しいのかもしれない・・。

 

セミナーの様子は今月のJFMAニュースに掲載します。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

| JFMAスペシャル | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
検索は何でする?

先週満開だった桜も、桜吹雪のごとく

どんどん散っていく。

 

桜舞い散る中、市ヶ谷を歩くのもなかなかいいものです。

さて今日が入学式の学校も多かったのではないでしょうか。

 

春は、卒業、入学などがあるのでお花が必要な場面も多いですよね。

先週受けたPRのお話だと

最近の若い人達はレストランを決めるのも、○ログではなく、インスタの様です。

もしかしたら、お花も何か贈ろうかな?

と思った時に、インスタで検索する人も多いかも知れないですね。

実際、インスタの検索に「花束」「花束・アレンジ」と入れると多くの

ステキな画像がだだだーと並びます。

 

「こんな感じでお願いします」と注文もしやすいですよね。

 

先週ビジネス講座の前田さんの講義で聞いた

■ ソーシャルメディア アクティブユーザー

(2019年2月 国内)

facebook 2800万人・・・・30代が多い。企業公式ページが多い。動画公開のプラットフォームに

twitter  4500万人 ・・・・若い年齢と40代利用が多い。好きな芸能人やコミュニティの「興味関心」でつながる

instagram 2900万人・・・・ファッション誌や情報誌感覚。若年層は検索用として

Line    7800万人・・・・全世代。ビジネスシーンにおいても活用

 

アクティブユーザー数、Lineはダントツ!!ですが

インスタも増えているようですね。

 

検索も変化!スマフォを一人一台時代到来の中、

お花屋さんもインスタで

どんどん画像アップしてほしいですね。

| その他 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花業界のSDGs

最近話題のSDGs

詳しく知ると簡単に始められる、身近な事。

国際社会共通の目標。

日本では水が豊富。きれいなお水は水道をひねると出てくる

このすごいインフラ!!

世界では当たり前でない人達が沢山いる。

世界の話をすると話が大きくなりすぎるけど

日頃買う商品が、どれくらい環境負荷を軽減しているか。

使う電気、食べるものなどなど

がちがちにしなくていいけど、自身でこだわる部分は

こだわれるといいなと思います。

JFMAでは4月9日のアフタヌーンセミナーで

このSDGsを取り上げます。

「花き業界のSDGs」〜FSIとは〜世界の花市場の現状

〜日本の花きを輸出するには?

世界の流れ、そして日本の花き業界としてどう動くか?

聞いて、考えてみませんか?

まだお申込みでない方は、こちらから!!

↓↓↓↓↓

http://www.jfma.net/wp-content/uploads/2019/03/621203986149f7814ccdc8bd66ef43bb.pdf




| JFMAスペシャル | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
事務所のお花 ’花きの効用’と’花の効用’

皆様、花の効用ってご存知ですか?

 

いつも資料では、読み込んだり講義で受けたりして話は聞いていますが・・。

事務所にたくさん花があると・・。

 

あ〜キレイ♪

と思ったりしますし、会話も増えます。

 

 

 

三好社長が持ってきて下さったラナンキュラスとアネモネ。

 

 

先日も紹介しましたがJFMA会員の片桐さんのアルストロメリア

きれいに咲いてきました!

私が一番のお勧め〜の花

変わり咲き!これもキレイ!



毎朝、どうなったかなぁ

とみるのが楽しいですし、職場がぱ〜っと華やかになりますね。

 

一応、自分のデスクには観葉植物置いていますが

本当は切り花も一輪置くといいのかぁ。

 

自宅ではもちろん、玄関&リビングにお花あり!!です。

駅前には5店舗ほど花屋さんがありますが

色々試して、一番買いやすく、日持ちして、種類豊富なお店で買っています。

 

さてさて検索ワード!!

「花きの効用」で調べるこちらが上位ヒット 参照以下↓

http://www.maff.go.jp/j/seisan/kaki/flower/f_kouyou/pdf/26_leaflet.pdf

 

「花の効用」で調べるとこちらが上位ヒット!

http://flsa.jp/maff/arrangement.html

 

https://kurashi-hana.com/html/colmun/kouyou.html

 

 

| お花のこと | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マスコミの立場に立ってPR

昨日は、フラワービジネス上級講座。

広報、PR会社の前田社長(株式会社Office MR)の話は
とにかく実践的で面白い!

 

どうすれば、自分が発信したい内容を

マスコミなどに取り上げてもらえるか?!!

 

わかりやすかったです。

今日からJFMA(MPS)でも実践だ―!

と思いました。

 

続いて三好社長(ミヨシグループ)の話


保育園のお迎えがあるため、途中までの参加となりましたが

タネやの歴史からスタート。

古い創業者は1810年!!

タキイ種苗さんも1835年

サカタのタネさん 1913年

福花園種苗さん 1917年

ミヨシさんは1949年

 

タネって大事ですよね。

 

野菜を安定的に私たち生活者が手に入れるためには

タネは本当に大切!

 

 

またウィルスより小さいウィロイドというのが

顕微鏡の技術が進化したことでみつかり

これまで悩ましてきた色んな症状のほとんどが

このウィロイドが影響していると

わかってきたようです。

 

さぁフラワービジネス講座

次回は大田花きの宍戸純さんの講義です。

小川先生とのパネルディスカッションもあります。

 

申し込みはこちらから

http://www.jfma.net/topics/jfmafbseniorclass

| JFMAスペシャル | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode